六本木

全て 名詞
2,536 の用例 (0.02 秒)
  • メールには、姉原美鎖が六本木でなにかをやろうとしていると書かれていた。 桜坂洋『よくわかる現代魔法 第04巻 jini使い』より引用
  • 六本木交差点とは、一キロちょっとしか離れていない目と鼻の先だ。 垣根涼介『ヒート アイランド』より引用
  • 数日前の夜、十一時過ぎに六本木を一人で歩いていたときのこと。 内田春菊『私の部屋に水がある理由』より引用
  • 六本木署から刑事さん二人を貸してもらって、三人で行ってください。 胡桃沢耕史『翔んでる警視正 平成篇3 キャリアウーマン』より引用
  • たずねられた私は、六本木にあるいくつかのディスコの名まえを言った。 田中康夫『スキップみたい、恋みたい』より引用
  • タイトル通り六本木のテレビ朝日内にあるスタジオから放送している。
  • おそらく、打ち上げと称して六本木か青山あたりで飲んでいるのだろう。 永瀬隼介『サイレント・ボーダー』より引用
  • 現在は娘夫婦と孫がいるロンドンと六本木の自宅を往復する生活を送っている。
  • そんな話をしているところへ六本木の留五郎が勢い込んで入って来ました。 野村胡堂『銭形平次捕物控 14』より引用
  • そのため、本来通る予定のなかった六本木を通さざるを得なくなった。
  • それに、松井元大臣と、六本木のドイツ料理店が、関係していたらしい。 西村京太郎『オリエント急行を追え』より引用
  • それがおとといの昼、六本木交差点で倒れているところを発見された。 早見裕司『メイド刑事01』より引用
  • 六本木も赤坂も、もう土地が一杯で新しい建物が建つ余地はないのです。 胡桃沢耕史『翔んでる警視正 平成篇2 ゴンドラの花嫁』より引用
  • 六本木の近くまできてるんですが、車が動かないので、歩くことにしました。 小林信彦『紳士同盟』より引用
  • モモコが住みたがっていた新六本木のような庶民の住める場所ではない。 池上永一『シャングリ・ラ 上』より引用
  • 僕の住んでいるところから六本木までなら、道が空いていれば四十分で着く。 尾崎豊『黄昏ゆく街で』より引用
  • 愛称で「六六」と呼ばれているのも六本木六丁目が由来となっている。
  • その気持が消えはじめたのは、六本木のバーへ行って飲み始めたころからなのか。 渡辺淳一『ひとひらの雪(上)』より引用
  • 六本木ろっぽんぎで美鎖が大ケガをしたときから、たいして日にちはっていない。 桜坂洋『よくわかる現代魔法 第06巻 Firefox!』より引用
  • その酒場は六本木の交差点からちょっと奥に入ったところにあった。 遠藤周作『ぐうたら交友録』より引用
  • 次へ »