六本木駅

23 の用例 (0.00 秒)
  • 六本木駅は、東京都港区にある、東京地下鉄・東京都交通局の駅である。
  • 六本木駅 - 神谷町駅間で異臭に気付いた乗客が窓を開けたが複数の乗客が倒れた。
  • 乗客は、床下からの発煙が認められた六本木駅で全員降ろされたために無事であった。
  • 都営地下鉄大江戸線の六本木駅が開業するまでは、海底駅を除いて日本一深い所にある駅であった。
  • 近年まで麻布地域内の鉄道駅は六本木駅と南麻布の端にある広尾駅があるだけで、隣町に神谷町駅はあるものの鉄道でのアクセスは芳しくなかった。
  • その後、後続列車が六本木駅を出たため、先頭車両の乗客は後方に移動させられ、列車は霞ケ関駅まで走行したのち、運行を取り止めた。
  • 現在は平日朝の六本木行き電車が六本木駅到着後、回送列車として留置線に入線する。
  • 六本木駅との間に留置線があり、当駅始発中目黒方面の列車が早朝に、中目黒始発当駅終着の列車が深夜にそれぞれ設定されている。
  • 例えば、全体的に地下深くにある地下鉄路線・都営地下鉄大江戸線の1駅間を大江戸線を利用して行くのと、徒歩で行くのではどちらが早いかという企画がテレビ朝日の番組で放映されたが、その企画では赤羽橋駅と麻布十番駅、麻布十番駅と六本木駅の間は徒歩の方が早いことが実証されている。
  • 開業当時の最寄駅だった営団地下鉄 日比谷線の六本木駅からは六本木通りの下り坂を溜池方面に600メートル以上進む必要があり、ホテルへのアクセスは必ずしも良いものではなかった。
  • また、地下階数では国立国会図書館が地下8階、都営地下鉄大江戸線六本木駅ホームが地下7階、民間の建築物では地下6階の建築物が複数知られている。
  • 特に2層構造の六本木駅は下部の内回り1番線ホームが地下 42 m と、地下鉄駅としては日本で最も低い場所に位置する。
  • 大江戸線内では新宿駅、大門駅、六本木駅に次ぐ第4位で、都営地下鉄全線の単独駅では最も多い。
  • 麻布十番付近にはながく鉄道の駅がなく、1km以上離れたところにある最寄り駅・六本木駅からも高低差があるために「陸の孤島」とも呼ばれていた。
  • 一時はエイベックス主催の東京ドームイベントがパラパラ愛好者で満員になるほど盛り上がりを見せ、地下鉄の六本木駅構内で女の子同士でパラパラを教えあう光景が普通に見られる程となった。
  • 日本全国はおろか海外にまで広がったマハラジャの代表的存在であった『麻布十番マハラジャ』は、当時まだ地下鉄の駅が開業しておらず、一番近い日比谷線六本木駅からでさえ徒歩10分以上かかるなど「陸の孤島」とまで呼ばれた東京都港区麻布十番に1984年12月にオープンした。
  • この臨時列車は、日比谷線内でも急行列車として運転し、途中の停車駅は上野駅・仲御徒町駅・秋葉原駅・人形町駅・茅場町駅・八丁堀駅・東銀座駅・銀座駅・日比谷駅・霞ケ関駅・六本木駅・恵比寿駅であったが、2007年4月21日のみなとみらい号からは日比谷線内各駅停車に変更されている。
  • 渋谷駅付近では青山通り方面に立ち寄り、南青山七丁目で都01の経路に合流した後、六本木駅から再び分岐し、桜田通りなど神谷町駅方面を通って虎ノ門から再び都01と同一経路で新橋駅に向かう。
  • 環状運転をしているように思われるが実際は通常の複線路線と同じ運行形態をしており、都庁前駅 - 飯田橋駅 - 両国駅 - 大門駅 - 六本木駅 - 都庁前駅 - 光が丘駅を往復運転する。
  • 再開発前の旧テレビ朝日本社屋を中心とした当地の交通機関は、六本木交差点の地下を通る東京メトロ日比谷線の六本木駅と、六本木通りを走る都営バス渋88、渋01の六本木六丁目停留所が最寄りであった。
  • 次へ »