六本木通り

61 の用例 (0.00 秒)
  • わたしたちは連れだって、ミーコを先頭に六本木通りを歩いていた。 桜庭一樹『赤×ピンク』より引用
  • 谷底である西麻布交差点から六本木通りを逆方向に上る坂は笄坂と呼ばれる。
  • 現在は、坂の頂上から六本木通りまで下る方向への一方通行路となっている。
  • 午後十時を過ぎた六本木通りは若者であふれ返っている。 新堂冬樹『ある愛の詩』より引用
  • 六本木通りに向かって歩く彼女を私は尾行した。 東野圭吾『殺人の門』より引用
  • この道路は六本木通りとも呼ばれる。
  • この西麻布の交差点から東に一キロ弱も進めば今夜の現場は目と鼻の先だったが、タクシーは、六本木通りを西に進路を取った。 垣根涼介『ヒート アイランド』より引用
  • 美由紀は六本木通りから一本入った裏路地を飛ばしていた。 松岡圭祐『千里眼 ミッドタウンタワーの迷宮』より引用
  • 昨日と似たような曇り空の下、椎葉は六本木通りの歩道にママチャリを走らせる。 樋口有介『枯葉色グッドバイ』より引用
  • 翌日、彼はいわれたとおり、六本木通りの『シルキー』を訪ねた。 東野圭吾『幻夜』より引用
  • 東西に六本木通りが走っている。 垣根涼介『ヒート アイランド』より引用
  • まずは、カジノ・バー襲撃の同日深夜の二時間後に、同じ六本木通りのバーで妙な事件が起こったこと。 垣根涼介『ヒート アイランド』より引用
  • 桜花会の若衆は六本木通りの北側を、井草と連れの聞き込み役は、その南を担当した。 垣根涼介『ヒート アイランド』より引用
  • しばらく黙り込んでいた椿さんが、六本木通りに入ったところで「二人きりで会うのは、これで最後にしましょう」と言った。 吉田修一『熱帯魚』より引用
  • クルマは玉川通りから山手線の下を潜り、六本木通りへと入った。 垣根涼介『ヒート アイランド』より引用
  • そのまま、六本木通りを歩いてるところを、金田に拉致されて、車に押しこまれたんだ。 馳星周『生誕祭(下)』より引用
  • また、六本木通りと骨董通りの交差点『高樹町』にも、高樹町の名が残されている。
  • タクシーは、六本木通りに入っていた。 新堂冬樹『忘れ雪』より引用
  • 六本木通りから外苑東通りを右に曲がり、東京タワーを眺めながら西新橋に向かう。 樋口有介『枯葉色グッドバイ』より引用
  • 冗談はさておき、六本木通りと外堀通りの交差点といえば、溜池ためいけ交差点として知られる。 田中芳樹『創竜伝 第03巻』より引用
  • 次へ »