六本木署の署長

8 の用例 (0.00 秒)
  • 結果が出たら、六本木署の署長応接室に戻ってきなさい。 胡桃沢耕史『翔んでる警視正 平成篇3 キャリアウーマン』より引用
  • 今は六本木署の署長をやっている、かつての捜一の上司、一係長の高橋警視の妻となって、もう半年に近い。 胡桃沢耕史『翔んでる警視正 平成篇3 キャリアウーマン』より引用
  • 向かいの椅子には、右から、ついこの間まで捜一の一係長だった、今は六本木署の署長の高橋警視と、同署の事件担当の捜査課長が坐っている。 胡桃沢耕史『翔んでる警視正 平成篇3 キャリアウーマン』より引用
  • 店の表にパトカーが停まり、一人のチャコル人らしい大男に、六本木署の署長と武藤が、両側からつきそうようにして入ってきた。 胡桃沢耕史『翔んでる警視正 平成篇3 キャリアウーマン』より引用
  • 岩崎警視正は管理官として、一係と二係とを同時に指導監督する立場であるが、一係長の高橋警視を、乃木との結婚で、夫婦を同時に捜一に置いておくわけには行かなくなり、六本木署の署長に抜擢、栄転させた。 胡桃沢耕史『翔んでる警視正 平成篇3 キャリアウーマン』より引用
  • 乃木の場合は、この事件を持ちこんだ六本木署の署長が旦那だし、峯岸の場合は独身寮の一人暮らしだから、誰にも知らせる必要はない。 胡桃沢耕史『翔んでる警視正 平成篇3 キャリアウーマン』より引用
  • 夫の高橋警視は、六本木署の署長としての初めての正月だから、この若妻がいかにろうたけて綺麗であったとしても、テレテレとつき合ってはいられない。 胡桃沢耕史『翔んでる警視正 平成篇3 キャリアウーマン』より引用
  • 現在、捜一の岩崎管理官が、捜一内でも指導の責任を持って事件の解決に当たっているのは、高橋警視の直属の一係と、村松警視の直属の二係だが、その高橋警視は、十二月の初めに、歳末警戒で最も繁忙な六本木署の署長に転出することに決まり、内示がもう出ている。 胡桃沢耕史『翔んでる警視正 平成篇3 キャリアウーマン』より引用