六本木署

32 の用例 (0.00 秒)
  • 六本木署から刑事さん二人を貸してもらって、三人で行ってください。 胡桃沢耕史『翔んでる警視正 平成篇3 キャリアウーマン』より引用
  • 電話の向うの声は、自分が勤務している六本木署の捜査主任からだ。 胡桃沢耕史『翔んでる警視正 平成篇5 涙のポンポコリン』より引用
  • 六本木署の前には、パトカーが回転灯を赤くきらめかせながら待っていた。 胡桃沢耕史『翔んでる警視正 平成篇5 涙のポンポコリン』より引用
  • 六本木署の刑事と、自分の部下たちとに教えるように説明する。 胡桃沢耕史『翔んでる警視正 平成篇3 キャリアウーマン』より引用
  • 六本木署から二人刑事を借りて、女の勤めていたセンサー貿易という会社に事情をききに行った、吉田老人からの電話だった。 胡桃沢耕史『翔んでる警視正 平成篇3 キャリアウーマン』より引用
  • 黙ってうなずくと、岩崎警視正は、すぐに六本木署に電話をかけた。 胡桃沢耕史『翔んでる警視正 平成篇3 キャリアウーマン』より引用
  • 特に六本木署の所轄刑事デカさんは、帝国ホテルで食事をするのは初めてなので、最初はみな緊張していた。 胡桃沢耕史『翔んでる警視正 平成篇5 涙のポンポコリン』より引用
  • やっと六本木署からの要員の刑事が到着して十名ほど入口の配備や、男子トイレの現場検証にかかった。 胡桃沢耕史『翔んでる警視正 平成篇4 ランバダに酔いしれて』より引用
  • まさか乃木を同僚の花輪刑事と入らせるわけにいかないので、六本木署に電話させて旦那と入らせたのである。 胡桃沢耕史『翔んでる警視正 平成篇5 涙のポンポコリン』より引用
  • 結果が出たら、六本木署の署長応接室に戻ってきなさい。 胡桃沢耕史『翔んでる警視正 平成篇3 キャリアウーマン』より引用
  • 隅にプレハブで囲われた一画があり、その入りロに、もう顔なじみになった、六本木署の捜査課長が立っていた。 胡桃沢耕史『翔んでる警視正 平成篇3 キャリアウーマン』より引用
  • 結局、六本木署から借りてきた、ややゆる目の制服の下には、ひだ飾りのついたアンダースコートをまだつけたままで、変な気分であったが、それで出発することにした。 胡桃沢耕史『翔んでる警視正 平成篇3 キャリアウーマン』より引用
  • さすがに六本木署らしくいかにも若くナウい感じの婦警さんが、早速コーヒーを運んできた。 胡桃沢耕史『翔んでる警視正 平成篇4 ランバダに酔いしれて』より引用
  • 六本木署から来た若手の二人も、ようやくこの会社に馴れてきた感じで、どっかりと落ち着いて坐り直した。 胡桃沢耕史『翔んでる警視正 平成篇3 キャリアウーマン』より引用
  • 六本木署には、綺麗な婦警さんが多いというから。 胡桃沢耕史『翔んでる警視正 平成篇3 キャリアウーマン』より引用
  • 地下のスポーツクラブから引き上げた二係の刑事デカさんたちと、六本木署の捜査係の私服の刑事ベテランたちが、大きいテーブルに、向かい合うようにして坐った。 胡桃沢耕史『翔んでる警視正 平成篇3 キャリアウーマン』より引用
  • 六本木署の刑事も、本庁の天才捜査官といわれた岩崎警視正が直接乗りこんで、死体を前に講義してくれるのだから、緊張している。 胡桃沢耕史『翔んでる警視正 平成篇3 キャリアウーマン』より引用
  • 六本木署の所轄刑事と、本庁の捜一とが駆けつけたのだから、これはレッキとした刑事事件で、事故として簡単にすませるわけにはいかない。 胡桃沢耕史『翔んでる警視正 平成篇3 キャリアウーマン』より引用
  • 今は六本木署の署長をやっている、かつての捜一の上司、一係長の高橋警視の妻となって、もう半年に近い。 胡桃沢耕史『翔んでる警視正 平成篇3 キャリアウーマン』より引用
  • 向かいの椅子には、右から、ついこの間まで捜一の一係長だった、今は六本木署の署長の高橋警視と、同署の事件担当の捜査課長が坐っている。 胡桃沢耕史『翔んでる警視正 平成篇3 キャリアウーマン』より引用
  • 次へ »