六本木分室

13 の用例 (0.00 秒)
  • 結局、アリスはある意味では一歩たりとも六本木分室のビルから外に出ていなかったわけだ。 九里史生『SAO Web 0408 エピローグ』より引用
  • それは、ラース六本木分室から、アリスが失踪したという知らせだった。 九里史生『SAO Web 0408 エピローグ』より引用
  • 俺はこの瞬間、六本木分室のSTLで目覚めて以来もっとも強く、そう感じた。 九里史生『SAO Web 0408 エピローグ』より引用
  • ラースの技術スタッフには、自宅に着替えを取りにいくだけと言ってあるので、もう三十分もしたら再びラース六本木分室に戻らねばならない。 九里史生『SAO Web 0408 エピローグ』より引用
  • 六本木分室内で、着払いの送り状と梱包テープと大サイズの強化ダンボールを用意したアリスは、まず監視カメラの映像に、わざと居室を出て行く自分の姿を記録させたのだそうだ。 九里史生『SAO Web 0408 エピローグ』より引用
  • 幸い、博士は今夜、六本木分室に泊り込みのようだった。 九里史生『SAO Web 0408 エピローグ』より引用
  • ラースもそれを認識しているからこそ、いまの六本木分室の警備体制はちょっとした要塞なみの堅固さに引き上げられている。 九里史生『SAO Web 0408 エピローグ』より引用
  • ラースの公式責任者は、凜子博士に委任なさったし、あまり六本木分室に顔も出せないでしょう? 九里史生『SAO Web 0408 エピローグ』より引用
  • ラース六本木分室にストックされている伝票だろうか。 九里史生『SAO Web 0408 エピローグ』より引用
  • 恐ろしいことに、ラース六本木分室で覚醒後、俺が比嘉タケル・菊岡誠二郎両名と交わしたという会話すら完全に忘れているのだ。 九里史生『SAO Web 0408 エピローグ』より引用
  • 比嘉タケルは、記者会見のようすを、会場からほど近いラース六本木分室の大モニタで見ていた。 九里史生『SAO Web 0408 エピローグ』より引用
  • アリスは、ライトキューブ・パッケージ内で休眠した状態で、オーシャンタートルからここラース六本木分室まで運ばれた。 九里史生『SAO Web 0408 エピローグ』より引用
  • ラース六本木分室のSTLで覚醒した二人は、なおも神経に漂いつづける痛みの余韻が薄れるのを待ちながら、瞳を見交わし、ふかく頷きあった。 九里史生『SAO Web 0407 第八章02』より引用

六本木分室 の使われ方