六本木六丁目

18 の用例 (0.00 秒)
  • 愛称で「六六」と呼ばれているのも六本木六丁目が由来となっている。
  • 所在地は東京メトロが六本木六丁目、東京都交通局が赤坂九丁目となっている。
  • 桜花会との関係も安定期に入り、南青山七丁目から六本木六丁目にかけてのエリアはほぼ傘下に収めた。 垣根涼介『ヒート アイランド』より引用
  • 尾佐久華が居候いそうろうをしている叔父のホテルというのは、新しい観光スポットとして開発された六本木六丁目の区画の一部だった。 藤本ひとみ『華麗なるオデパン』より引用
  • また、六本木通りを走る都01および渋88の六本木六丁目停留所も利用可能である。
  • なお、都営地下鉄大江戸線や東京メトロ南北線と接続する麻布十番駅は六本木六丁目再開発が着工された直後の2000年12月時点で完全開業している。
  • この住居表示実施により、それまで一部が存続していた麻布宮下町は麻布十番一丁目5番となり、麻布南日ヶ窪町は六本木六丁目17番となった。
  • 六本木ヒルズ誕生前は、テレビ朝日周辺の六本木六丁目は住宅密集地だったこともあり道路が狭く、消防車が通行する事も困難な状況であったため、1990年に同局本社の移転も兼ねた再開発計画地域に指定された。
  • 森美術館は、東京都港区六本木六丁目の六本木ヒルズ森タワー53階部分に位置する森アーツセンターの核となる美術館施設である。
  • 例えば今回のように仕事を六本木六丁目、つまり麻布警察署の管内で行うのなら、隣接する三田警察署管内のホテルを選び、そこで直前の打ち合わせ事項を再確認し、それが脳裏に鮮明に残っているうちに現場に赴く。 垣根涼介『ヒート アイランド』より引用
  • 六本木ヒルズアリーナは、東京都港区六本木六丁目に所在する六本木ヒルズにある屋外型イベントスペースである。
  • この際、麻布宮下町の残余は麻布十番一丁目5番となり、麻布南日ヶ窪町の残余は六本木六丁目17番に編入された。
  • 六本木通り沿いに、南青山七丁目から六本木六丁目までを仕切っている『麻布桜花会』という、元々は博徒系から出発した小所帯の暴力団がある。 垣根涼介『ヒート アイランド』より引用
  • 六本木六丁目計画が決まる前は、NECの東証株価コードである6701が型番に使用されPC-6701となる予定だった。
  • 六本木は、明治時代-昭和初期にかけて麻布区に属し、戦後麻布区から港区になったが、住居表示実施前の六本木五丁目と六本木六丁目、六本木七丁目の一部は「麻布六本木町」という麻布の筆頭町名であった。
  • その町域は、現在の在日中華人民共和国大使館のあたりから、大地の尾根沿いを北に向かう通称「テレ朝通り」に沿った町域は、現在の六本木ヒルズ・六本木さくら坂の坂上、グランドハイアット東京の脇を通って、現在の六本木通り・六本木六丁目交差点の手前付近まで至るものであった。
  • 再開発前の旧テレビ朝日本社屋を中心とした当地の交通機関は、六本木交差点の地下を通る東京メトロ日比谷線の六本木駅と、六本木通りを走る都営バス渋88、渋01の六本木六丁目停留所が最寄りであった。
  • 大阪・ミナミに本拠をおく広域暴力団『松谷組』が経営する非合法のカジノバーが、六本木六丁目のアマンドにほど近い雑居ビルの地下にある。 垣根涼介『ヒート アイランド』より引用