六本木交差点

25 の用例 (0.00 秒)
  • 六本木交差点とは、一キロちょっとしか離れていない目と鼻の先だ。 垣根涼介『ヒート アイランド』より引用
  • それがおとといの昼、六本木交差点で倒れているところを発見された。 早見裕司『メイド刑事01』より引用
  • すぐ近くに六本木交差点があるというのに、辺りはとても静かだ。 松岡圭祐『千里眼 ミッドタウンタワーの迷宮』より引用
  • 六本木交差点にほど近いこの場所には、かつて防衛庁の庁舎が存在していた。 松岡圭祐『千里眼 ミッドタウンタワーの迷宮』より引用
  • その向こうを今、六本木交差点を越えて東京タワーの方へ行く都電が通りすぎる。 矢作俊彦『夏のエンジン』より引用
  • 六本木交差点で家麗が手をあげてタクシーをとめた。 馳星周『不夜城Ⅱ鎮魂歌』より引用
  • 私が話を聞いた二十四歳のスカウトマンは、渋谷のセンター街や六本木交差点周辺を中心に一日平均三十人から四十人の女性に声をかけ、そのうちプロダクションまで付いてくる女性はせいぜい一人か二人だと言った。 足立倫行『アダルトな人びと』より引用
  • 今ではすっかり新しい東京の名所となった六本木ヒルズから、もう何十年も昔からまち象徴しょうちょうだった六本木交差点へと向かう通りは、東京の繁華街はんかがいがどこもそうであるように、昼間から人通りが多い。 早見裕司『メイド刑事01』より引用
  • 現在の六本木の町域は大半が武家地だった区域だが、江戸時代の「六本木町」は門前町で、現在の六本木交差点付近の狭い範囲を指していた。
  • 六本木交差点までの客がついてくれると都合がいい、この場所で拾う客は割合赤坂、六本木方面が多く、こうやって信号待ちで止まっている間に乗り込んでくることもしばしばであった。 鈴木光司『リング』より引用
  • おれたちは矢印を追って、六本木交差点をわたり、裏通りにはいった。 石田衣良『反自殺クラブ 池袋ウエストゲートパーク5』より引用
  • 必死に歩いてきたメイド服の少女は、六本木交差点まで来て赤信号を目にすると、絶望したかのような表情になり、喫茶店きっさてん『アマンド』のほうに目を向けたままゆっくりと倒れた。 早見裕司『メイド刑事01』より引用
  • 六本木交差点に近い洒落しやれた喫茶店「クローバー」の二階で老人に会った寺尾が、アパートに戻ってきたのは、二十分後だった。 小林信彦『紳士同盟』より引用
  • 六本木交差点から徒歩2分ほどの六本木の中心部に位置する地下2階、地上10階建ての雑居ビルである。
  • 現在の地理では、首都高速3号渋谷線の高架下を走る六本木通りを西麻布交差点から六本木交差点方面に向かう上り坂が霞坂である。
  • 六本木交差点、ロアビル前あたりから道路の中央にそびえる東京タワーが、ふるさとシリーズでの東京を象徴している。
  • 古い資料には、こちらの坂こそが「芋洗い坂」であり、合流先のほうが「饂飩坂」であると記載しているものも複数存在するが、通常の認識のように六本木交差点から直接下る本坂が芋洗坂、合流してくる坂を饂飩坂と解釈するのが妥当であるとされる。
  • 六本木交差点から約十分、ぶらぶら歩くと鳥居坂とりいざか暗闇坂くらやみざかがぶつかりあう坂下に鉄筋五階建てのビルがある。 川本三郎『ちょっとそこまで』より引用
  • 溜池方面の空が白み始め、野放図な若者を捕まえようとしているのか、警察官の呼び子の音が六本木交差点界隈に飛び交っている。 野沢尚『龍時(リュウジ)03―04』より引用
  • タイヤを軋らせて、車は六本木交差点を曲がった。 大野木寛『ラーゼフォン第01巻』より引用
  • 次へ »