六本木ヒルズ森タワー

33 の用例 (0.00 秒)
  • 六本木ヒルズ森タワーにあるJ-WAVEの専用スタジオから放送される。
  • また、2004年に起きた六本木ヒルズ森タワーの回転扉事故では森ビル側の管理過失が認定された。
  • 会社所在地は、東京都港区六本木の、六本木ヒルズ森タワー27階である。
  • 本社を六本木ヒルズ森タワーに置き、市街地再開発事業ならびに各種ビルの企画・開発・設計監理・営業・運営管理を主な事業としている。
  • 地上一般放送局の免許を受けフルセグ・ワンセグエリア放送を六本木ヒルズ森タワー及びその周辺で実施している。
  • 日本では、2004年3月に六本木ヒルズ森タワーの自動回転扉で発生した事故以降、同ビルをはじめとして自動回転扉をスライド式自動扉に改造するなどして撤去する例が見られる。
  • 鳶職人としては、六本木ヒルズ森タワーの建設などにも携わった。
  • 展示内容毎により価格は異なることがあるが、基本的に六本木ヒルズ森タワーの展望施設である東京シティービューの入場料を含んだ料金になっている。
  • 第24回では初めてスタジオを飛び出し、六本木ヒルズ森タワー地上約180mから収録を行った。
  • また、六本木ヒルズ森タワーにあるゴールドマン・サックスの日本法人には、ゴールドマン・サックスの社員専用の店舗が設置されている。
  • かつては、六本木ヒルズ森タワーに本社があることで知られていたが、本社は、住友不動産西新宿ビル26階に所在する。
  • 六本木ヒルズクラブとは、六本木ヒルズ森タワー51階にある、高級飲食店を中心とした会員制施設である。
  • 森美術館は、東京都港区六本木六丁目の六本木ヒルズ森タワー53階部分に位置する森アーツセンターの核となる美術館施設である。
  • さも未来的な曲線を多用したデザインの六本木ヒルズ森タワーと違い、こちらは直線が主体の直方体だ。 松岡圭祐『千里眼 ミッドタウンタワーの迷宮』より引用
  • なお、番組のスタジオがある六本木ヒルズ森タワーの52階・東京シティビュー展望台に同名のカフェが実在するが、単なる偶然で本番組との関連は全くない。
  • 六本木ヒルズ森タワーは、東京ガスによる発電および熱供給設備を持ち、それに加えて東京電力のバックアップと灯油による自家発電という三重の電源確保の体制が敷かれている。
  • さらに2004年2月には「株式会社ライブドア」に社名変更、本社機能を渋谷区から六本木ヒルズ森タワーに移転する。
  • しかし、ラディアホールディングスの事業再建計画を達成するため、ミッドタウン・タワーから全て撤退し、2008年11月1日・4日にほぼ全ての企業を六本木ヒルズ森タワーに移転させた。
  • 東京・六本木には、先行して開業していた複合施設「六本木ヒルズ」があるが、同施設の超高層ビル、六本木ヒルズ森タワーとは異なり、高層階は一般には解放されておらず、展望台なども存在しない。
  • NHK-FMは引き続き予備送信所として残るが、J-WAVEは本社のある六本木ヒルズ森タワーの予備送信所を継続利用するため使用されていない。
  • 次へ »