六本木センタービル

14 の用例 (0.00 秒)
  • 東側にある六本木センタービルを見ると、社長室の窓にはカーテンが下りていた。 貴志祐介『硝子のハンマー』より引用
  • 東側に達して、六本木センタービルを見下ろすと、屋上が一望にできた。 貴志祐介『硝子のハンマー』より引用
  • 六本木センタービルに着いたときには、日が傾きかけていた。 貴志祐介『硝子のハンマー』より引用
  • 六本木センタービルの西隣にあるのは、杵田きねたビルという名前の、すすけた十階建ての建物だった。 貴志祐介『硝子のハンマー』より引用
  • 全部の窓がめ殺しになった六本木センタービルに、正面玄関も通用口も通らずに侵入することは、ほとんど不可能である。 貴志祐介『硝子のハンマー』より引用
  • だとすれば、そんな工作が可能な場所は、六本木センタービルの屋上しかない。 貴志祐介『硝子のハンマー』より引用
  • その日は日曜日で、章が先輩スタッフの運転する車で、六本木センタービル、通称ロクセンビルに着いたのは、午前十時過ぎだった。 貴志祐介『硝子のハンマー』より引用
  • だが、このシリンダーも、六本木センタービルで使われていたシリンダーと同様に、明らかな弱点があった。 貴志祐介『硝子のハンマー』より引用
  • 純子は、六本木センタービルの外観を思い出してみた。 貴志祐介『硝子のハンマー』より引用
  • 六本木センタービルは、首都高速の真横に位置しているので、車の排ガスやほこりをまともに浴びることになる。 貴志祐介『硝子のハンマー』より引用
  • 通話を切ると、径は、屋上看板の下から頭だけを出して、六本木センタービルの玄関をうかがった。 貴志祐介『硝子のハンマー』より引用
  • そのためには情報を収集する必要があったが、幸運なことに、章の勤める渋谷ビルメンテナンスは、六本木センタービルの管理も請け負っていた。 貴志祐介『硝子のハンマー』より引用
  • 榎本は、ジムニーで六本木センタービルに乗り入れた。 貴志祐介『硝子のハンマー』より引用
  • 六本木センタービル、通称、ロクセンビルだった。 貴志祐介『硝子のハンマー』より引用