六本木クラブ襲撃

11 の用例 (0.00 秒)
  • 両名との親交関係は「六本木クラブ襲撃事件」の時期まで継続していたという。
  • これはそれから5日前に発生していた「六本木クラブ襲撃事件」の別件逮捕と受け止められた。
  • この事件については、のちの「六本木クラブ襲撃事件」に連なるものであったとの見方も示されている。
  • 「六本木クラブ襲撃事件」に関しては、2013年、「一連の事件とは一切関係ない」としたうえで、実行犯として出頭した者らを名指しで批判、さらに関係人物らの過去の写真を週刊誌メディアに提供してきた人物を激しく批判するなどした。
  • 人違いにより起こった事件とされた「六本木クラブ襲撃事件」の「本来の標的」であったとされる人物、およびその兄、すなわち「関東連合」と長年の抗争関係にあった兄弟は地元新宿の幼馴染にあたる。
  • この兄弟も10代の時期には「関東連合」側で抗争に参加するなどしており、また「六本木クラブ襲撃事件」の伏線にあたる事件とされた2008年の「西新宿・関東連合関係者撲殺事件」の被害者の後輩でもあった。
  • 「六本木クラブ襲撃事件」の首謀者と目される人物の統率グループは、渋谷や六本木等でクラブを経営するなどしていた世代の後続にあたり、多くが飲食業や不動産業などの正業を有する昭和50年代生まれを中心とした50人程度から成る集団であった。
  • 出版後、「六本木クラブ襲撃事件」で国外逃亡中の人物から殺害指令の標的とされ、ほどなく警視庁の保護対象へ、さらに商業登記から住所が割れる事態を防ぐためにそれまでの事業役職の一切を辞したうえで株主配当のみを受ける生活に入った。
  • 溝口敦によれば、2012年に発生した「六本木クラブ襲撃事件」の結果、翌2013年までに「解体の危機」と言える状況に陥った。
  • 松嶋重や工藤明男、のちの「六本木クラブ襲撃事件」の主犯格にあたる人物などの「関東連合」の面々との親交を経て、17歳で暴力団へ加入した。
  • 「六本木クラブ襲撃事件」、「歓楽街のギャングスター」、「ビッグマネー」、「朝青龍、海老蔵-六本木・西麻布コネクション」、「いびつな絆」、および「東京アウトレイジ」の全6章から構成されている。