六本木の街

16 の用例 (0.00 秒)
  • この事件の一影響として、六本木の街の「勢力図」に異変が生じたとも言われる。
  • どれくらい新六本木の街を歩いただろうか。 池上永一『シャングリ・ラ 上』より引用
  • 館盛たちもり宏は索漠とした気分で六本木の街を歩いていた。 森村誠一『殺人の組曲』より引用
  • アトラスの第三層に到達したインコの大群が新六本木の街を覆う。 池上永一『シャングリ・ラ 上』より引用
  • 高層ビルの頂上から見おろす六本木の街は、青と灰色の中間の色に染まっていた。 桜坂洋『よくわかる現代魔法 第04巻 jini使い』より引用
  • 彼女を待っている冷えきった部屋へ、まっすぐ帰って行く気にはなれなかったので、あてもなく六本木の街へさまよいだした。 森瑤子『風物語』より引用
  • 着の身着のままで政府に追いだされた六本木の街は十五年前の面影を微かに残していた。 池上永一『シャングリ・ラ 下』より引用
  • 西口に照らされる高さ二百三十八メートルのヒルズ・タワーの影は、六本木ろっぽんぎの街を一キロ以上もみ込んでいるのだ。 川原礫『アクセル・ワールド 09 -七千年の祈り-』より引用
  • 彼らは弓子たちを各個撃破すべきだったし、六本木の街を弓子がさまよい歩いていたときに襲撃すべきだった。 桜坂洋『よくわかる現代魔法 第05巻 たったひとつじゃない冴えたやりかた』より引用
  • 昭和五十九年七月四日、三好洋子はあまり馴染なじみのない六本木の街に、三河台公園という場所を探して歩いていた。 小林道雄『翔べ! はぐれ鳥』より引用
  • 階段をおりようとして、マウイは本当に魚にでもなって、六本木の街中にまぎれ込んでしまったように息苦しいのに気づいた。 中上健次『野性の火炎樹』より引用
  • 「マウイ、じゃあな」アキラは六本木の街中で別れるような物言いをした。 中上健次『野性の火炎樹』より引用
  • 六本木の街の灯々ひびが、足もとへかき寄せられたようにせまい範囲にあつまっている。 阿部牧郎『オフィス街のエロス』より引用
  • 花見客が大勢繰り出しているらしく、その晩、六本木の街を行き交う人の流れはひときわ多かった。 小池真理子『雪ひらく』より引用
  • 夜のとばりが降りる頃、新六本木の街が寝ぼけ眼をこすって起きる。 池上永一『シャングリ・ラ 上』より引用
  • そして新六本木の街に「熱帯魚」を開店させる。 池上永一『シャングリ・ラ 上』より引用

六本木の街 の使われ方