六本木の店

16 の用例 (0.00 秒)
  • 六本木の店には一度行ったことのある編集者がそう説明してくれた。 永沢光雄『風俗の人たち』より引用
  • それまで佐和木良行が住んでいた六本木の店の二階は、夫婦が暮すにしては狭すぎた。 平岩弓枝『風祭』より引用
  • 橋本は、気になって、翌日の夜、車に乗って、もう一度、六本木の店に行ってみた。 西村京太郎『オリエント急行を追え』より引用
  • また、六本木の店は竹彦が自分で探して来たのか、それとも、誰かが世話をしてくれたのか。 平岩弓枝『御宿かわせみ 32 十三歳の仲人』より引用
  • 六本木の店で再会した時、英典が食らわした嫌味を貴志も口にした。 樹生かなめ『~ラベンダー書院物語~ その男、熱愛中につき』より引用
  • 死んだ父親の残してくれた六本木の店は、いわゆる古美術専門店だったのを、彼女は現代にマッチした西洋骨董に切りかえた。 平岩弓枝『風祭』より引用
  • そこで六本木の店に入りなおし、やっと写真がとれた。 星新一『きまぐれ星のメモ』より引用
  • ローザンヌで、佐和木は六本木の店、といったが、場所は鳥居坂とりいざかに近かった。 平岩弓枝『風祭』より引用
  • 六本木の店で働いている女店員である。 平岩弓枝『風祭』より引用
  • 六本木の店の方が以前からあり、これからも長く生きのびるとすれば、ここのは一抹の泡のようにはかない一夜の夢のようなものだ。 森瑤子『さよならに乾杯』より引用
  • 今の住居は六本木ときいて仙五郎の下っ引が、女房のおさきに知らせ、検死の終った遺体をともかくも六本木の店へ運んだ。 平岩弓枝『御宿かわせみ 32 十三歳の仲人』より引用
  • 六本木の店は上役ふう、おじさまふう、スポンサーふうの男たちに連れられた若い女たちが目立ったが、新宿のここは自分のお金を払って遊ぶ女たちが特徴である。 森瑤子『さよならに乾杯』より引用
  • 花を飾ると、佐和木は一度、六本木の店へ帰った。 平岩弓枝『風祭』より引用
  • 幹部によると、この会社の社員は「コスモガール」と呼ばれる女性だけで、大半は営業部の社員が行きつけの六本木の店で勧誘したキャバクラ嬢だった。
  • 六本木の店に、古伊万里の、ちょっとしたものはあるかと訊かれて、三重子はうなずいた。 平岩弓枝『風祭』より引用
  • 花器はどちらも、彼が六本木の店から運んで来たもので、大広間のほうは有田焼の赤絵の大壺に百合ゆり薔薇ばらをふんだんにいけ、食堂は唐津焼からつやき水甕みずがめにさまざまの種類の椿つばきと洋花という思い切った組み合せであった。 平岩弓枝『風祭』より引用