六本木の交差点

28 の用例 (0.00 秒)
  • その酒場は六本木の交差点からちょっと奥に入ったところにあった。 遠藤周作『ぐうたら交友録』より引用
  • 六本木の交差点の近くにいろいろとあるんだぜー。 林真理子『夢見るころを過ぎても』より引用
  • 六本木の交差点の手前でタクシーを降りた津野田は、あたりを見まわしてそう言った。 半村良『闇の中の黄金』より引用
  • 交通量の多い六本木の交差点では、今までに数え切れぬほどの事故が起っているにちがいない。 佐藤愛子『冥途のお客』より引用
  • ちょうど四十分で六本木の交差点に着いた。 尾崎豊『黄昏ゆく街で』より引用
  • いつも混み合っている六本木の交差点も、今夜はさほどではない。 山田智彦『銀行 男たちの報酬』より引用
  • 約束の時間少し前に、六本木の交差点に着いた。 南里征典『自由ケ丘密会夫人』より引用
  • 六本木の交差点に近い穴蔵のような中華料理屋は川合の行きつけの店らしかった。 小林信彦『夢の砦』より引用
  • みんなが六本木の交差点の方向へ動きだしたので、伊沙子は反射的に逆方向へ足を踏みだした。 森瑤子『TOKYO愛情物語』より引用
  • 六本木の交差点を霞町かすみちようのほうへ向かいながら、詠子は歩調を速めた。 森瑤子『ドラマティック・ノート』より引用
  • それでも六本木の交差点で車の渋滞に掴まったため、タクシーで六、七分掛かった。 山田智彦『銀行 男たちの報酬』より引用
  • 六本木の交差点で、横断歩道を渡っていた時、真ん中へんで突然、足が前に出なくなった。 佐藤愛子『冥途のお客』より引用
  • 六本木の交差点で車を降り、マウイはすぐに眼に入って来たハンバーガー屋にタケキを誘った。 中上健次『野性の火炎樹』より引用
  • その日は西麻布でゴハンを食べたあと、彼の愛車で六本木の交差点に差しかかった。 梅田みか『愛人の掟1』より引用
  • 俺と冴子が行った店は、六本木の交差点を防衛庁側に五分ばかり歩いて、路地を百メートルほど入った、あまり賑やかではない一画にあった。 樋口有介『彼女はたぶん魔法を使う』より引用
  • 六本木の交差点を迂回うかいする形で、マービンはパブ・カーディナルのわきに出た。 大沢在昌『深夜曲馬団』より引用
  • ここから坂を一つのぼれば、六本木の交差点だ。 大宅壮一『炎は流れる1 明治と昭和の谷間』より引用
  • 六本木の交差点近くに車を乗り捨てた。 大沢在昌『深夜曲馬団』より引用
  • 四、五年前、吉行は六本木の交差点ちかくに甚だ珍妙なマダムのいる小さなバーを見つけてきた。 遠藤周作『ぐうたら交友録』より引用
  • 六本木の交差点から旧竜土町側の裏道に入り、狭い露地をいくつも曲ったところに、昭和三十年代、経済高度成長が始まる前に建ったとおぼしい、モルタル造りの二階建てアパートがあった。 小林信彦『紳士同盟』より引用
  • 次へ »