六本木のクラブ

42 の用例 (0.00 秒)
  • 康平は、研究所に呼ばれないときは、六本木のクラブで働いていた。 半村良『魔女街』より引用
  • 運の悪いことに、そいつを六本木のクラブ扇屋へ最初に連れて行ったのがこの僕だったんですよ。 半村良『都市の仮面』より引用
  • しかしながら六本木のクラブ歌手の仕事であった。
  • 毎晩のように六本木のクラブに遊びに行ってたけど、なんか知らないけどいつも無料だったしね。 永沢光雄『AV女優(下)』より引用
  • それまでは六本木のクラブでアルバイトをしていた。
  • 船戸が六本木のクラブのママに姓名判断してもらった、と話していたのを思い出したのだ。 深谷忠記『北津軽 逆アリバイの死角 「太宰治の旅」殺人事件』より引用
  • エピローグでは人間大に戻り六本木のクラブで遊んでいた。
  • 小林貞夫こばやしさだお六本木ろつぽんぎのクラブのピアノのそばの席に陣どって、二人の女を相手にブランデーを飲んでいた。 半村良『闇の中の哄笑』より引用
  • また、仕事の入っていない時、昼は自由が丘で買い物、夜は六本木のクラブへよく行っていたという。
  • 記憶が回転しはじめ、その顔が六本木のクラブにいた女の子だと分かったとき、ほんの少しだけ、高梨は救われた気分だった。 樋口有介『苦い雨』より引用
  • 伸吾が名前を出した里奈とは、一年半前、大学三年の夏に六本木のクラブで知り合った女だった。 吉村達也『憑依 ―HYOU・I―』より引用
  • 彼女のほかに、六本木のクラブのホステスとも、付き合っていたのだが、彼女とも、切れている。 西村京太郎『越後湯沢殺人事件』より引用
  • 白人に飽きると次は日本人ですが、六本木のクラブへ行った時は、気に入った子にその場で二百万円出してホテルに連れ帰った親分もいましたね。 吾妻博勝『新宿歌舞伎町 マフィアの棲む街』より引用
  • まだ高校生だったミキと六本木のクラブで知り合い、付き合うようになって三年になる。 永瀬隼介『サイレント・ボーダー』より引用
  • 広告アドマン時代津島がよくスポンサーを連れて行った、六本木ろつぽんぎのクラブ扇屋おうぎやのマダムに間違いなかった。 半村良『都市の仮面』より引用
  • それで、二月のおわりごろのある夜、取引相手と銀座で軽く飲んだあと、田川に教えられていた六本木のクラブへ足を向けてみた。 半村良『楽園伝説』より引用
  • 朝一から働きまくって、夜は銀座や六本木のクラブをはしごして、週に三日はマミのところに泊まってるんだ。 馳星周『生誕祭(上)』より引用
  • 夜は銀座や六本木のクラブで出されるおつまみ。 馳星周『生誕祭(上)』より引用
  • それから一週間ほどは、若林は毎晩赤坂や六本木のクラブに出没して、女たちとべッドを共にした。 大藪春彦『唇に微笑心に拳銃 前・後編』より引用
  • 原作にある列車事故を六本木のクラブの爆弾事件に置き換えるなど、アクティブでスタイリッシュな映像で、東京都心を舞台に描かれた。
  • 次へ »