六本木

全て 名詞
2,536 の用例 (0.02 秒)
  • この格好で夜の六本木を歩いて警官に止められなかったのは奇跡だった。 桜坂洋『よくわかる現代魔法 第05巻 たったひとつじゃない冴えたやりかた』より引用
  • 六本木のカフェバーで飲んで街に出るとまだ九時を回ったばかりだった。 森瑤子『女ざかり』より引用
  • 六本木駅は、東京都港区にある、東京地下鉄・東京都交通局の駅である。
  • 彼らが新宿や六本木や原宿へ集まったのも、格好をつけるためであった。 森村誠一『人間の証明』より引用
  • 港区の六本木に、広大な米軍施設があることは、意外に知られていない。 大沢在昌『悪夢狩り』より引用
  • 六本木の店には一度行ったことのある編集者がそう説明してくれた。 永沢光雄『風俗の人たち』より引用
  • 外国でなくても、六本木あたりにもそういう女たちがウロウロしている。 森瑤子『別れ上手』より引用
  • 六本木のレストランで、洋が若い娘と親しげに食事をしているのを見た。 阿刀田高『空想列車(下)』より引用
  • 今までも大きな本社ビルが六本木にあった日本法人とは、まったく別にだ。 田中康夫『昔みたい』より引用
  • 実際に表参道や六本木から移動して来た若者たちも少なくないようである。 森村誠一『自選恐怖小説集 人間溶解』より引用
  • デビュー曲の作曲を担当する吉田拓郎と東京六本木のバーで初対面する。
  • 六本木で三軒、はしごした後だったためふたりとも泥酔でいすいしていたからだ。 小池真理子『仮面のマドンナ』より引用
  • 他線と接続しない南北線の単独駅では六本木一丁目駅に次ぐ第2位である。
  • 六本木の進行方向の前の方から出た改札口の階段の外で待ってろ。 胡桃沢耕史『翔んでる警視正 平成篇4 ランバダに酔いしれて』より引用
  • 二週間ほど前に行った六本木の『シルキー』で落としたというのだった。 東野圭吾『幻夜』より引用
  • 十一日の午前中、六本木のホテルで会った時の霧野の様子が思い出された。 有栖川有栖『海のある奈良に死す』より引用
  • 六本木に住んでいた頃、娘たちはまだ小さくて近所の幼稚園に通っていた。 森瑤子『ジンは心を酔わせるの』より引用
  • ようやく耳が聞こえるようになってきたのは、六本木ろっぽんぎに近づいたころだった。 大野木寛『ラーゼフォン第01巻』より引用
  • だからって俺はやはり東京が好きにはなれないし、六本木が好きになれない。 樋口有介『彼女はたぶん魔法を使う』より引用
  • 六本木には午前三時ごろまで営業しているクラブやパブがいくらでもあった。 高杉良『勇気凜々』より引用
  • 次へ »