六十前後だろ

5 の用例 (0.00 秒)
  • 手拭いで頬被ほおかぶりをしているので正確な年はわからないが、六十前後だろう。 宇江佐真理『髪結い伊三次捕物余話 君を乗せる舟』より引用
  • 年は六十前後だろう。 横溝正史『金田一耕助ファイル12 悪魔の手毬唄』より引用
  • 衆人環視のうちにちかづいてくる由良卯太郎の未亡人敦子は、もう六十前後だろう。 横溝正史『金田一耕助ファイル12 悪魔の手毬唄』より引用
  • その角右衛門というのは、六十前後だろう、しらが頭にあから顔の大男で、じろじろと、あたりを睥睨へいげいしながらいくところは、とんと矢口の頓兵衛とんべえが町人に化けたというかっこうである。 横溝正史『人形佐七捕物帳 02』より引用
  • その角右衛門というのは、六十前後だろう、しらが頭にあから顔の大男で、じろじろと、あたりを睨しながらいくところは、とんと矢口の衛が町人に化けたというかっこうである。 横溝正史『神隠しにあった女』より引用