公開鍵認証

3 の用例 (0.00 秒)
  • パスワード認証、公開鍵認証、ワンタイムパスワードなどが提供されており、個々の情報セキュリティポリシーに合わせて選択できる。
  • 特筆すべき応用例として、Needham-Schroeder 公開鍵認証プロトコルをCSPを使って検証し、未知の脆弱性を発見し、それに対処した新たなプロトコルを開発した例がある。
  • これらの事例を元に、「パスワード管理の徹底」「セキュリティパッチの適用」「アクセスログの監視による、攻撃の迅速な発見」のような対策に加えて、SSHサーバ運用時にはログインに公開鍵認証を採用することをIPAは推奨している。