公開鍵暗号

133 の用例 (0.00 秒)
  • 公開鍵暗号方式が登場したため、従来の方式を区別する必要が生じた。
  • 公開鍵証明書は、公開鍵暗号を広い範囲で使用する場合に用いられる。
  • Dualカードタイプでは公開鍵暗号方式の処理が可能なものがある。
  • 暗号化を行うための方式として、共通鍵暗号と公開鍵暗号が利用できる。
  • に対する安全性がで証明された初の効率的な公開鍵暗号である。
  • 具体的な公開鍵暗号方式として有名なRSA暗号はその翌年に発表された。
  • そのため両者が異なる鍵を用いる方法、すなわち公開鍵暗号が考案された。
  • これは公開鍵暗号の安全性としては現時点で最も強力な定義である。
  • 公開鍵暗号のうちある種のものは、この一方向性を利用して設計されている。
  • 公開鍵暗号の提案は1976年であり、比較的初期に提案された方式である。
  • この問題に対して、暗号化鍵の配送問題を解決したのが公開鍵暗号である。
  • これにはいくらかの応用があり、特に公開鍵暗号に利用されている。
  • 一般的に、公開鍵暗号は共通鍵暗号よりも暗号化、復号に時間がかかる。
  • 従って、これは一種の落とし戸関数であり、公開鍵暗号に活用できる。
  • 公開鍵暗号方式は2つの要件、正当性と秘匿性とを満たさねばならない。
  • また、公開鍵暗号はデジタル署名のために利用されることも多い。
  • ここでは典型的な公開鍵暗号方式であるRSA暗号方式を説明する。
  • 素数が公開鍵暗号のアルゴリズムに使用できると広く知られるようになったためである。
  • セル・オートマトンを公開鍵暗号に使うことも提案されてきた。
  • 署名のような認証機能を提供できることが公開鍵暗号の最大の特長であるとも言える。
  • 次へ »