公開鍵

313 の用例 (0.00 秒)
  • 公開鍵基盤は大規模な設定で証明書を管理するソフトウェアを対象とする。
  • 公開鍵暗号方式が登場したため、従来の方式を区別する必要が生じた。
  • 公開鍵証明書は、公開鍵暗号を広い範囲で使用する場合に用いられる。
  • Dualカードタイプでは公開鍵暗号方式の処理が可能なものがある。
  • 暗号化を行うための方式として、共通鍵暗号と公開鍵暗号が利用できる。
  • 公開鍵は公開情報であり、それに対応する秘密鍵は受信者本人しか知らない。
  • 公開鍵は静的なものであっても、一時的なものであってもかまわない。
  • PKIでは公開鍵は公開鍵証明書に収められた形で利用されることが一般的である。
  • に対する安全性がで証明された初の効率的な公開鍵暗号である。
  • 具体的な公開鍵暗号方式として有名なRSA暗号はその翌年に発表された。
  • 公開鍵証明書が偽造されないように通常、デジタル署名が使用される。
  • そのため両者が異なる鍵を用いる方法、すなわち公開鍵暗号が考案された。
  • これは公開鍵暗号の安全性としては現時点で最も強力な定義である。
  • 公開鍵暗号のうちある種のものは、この一方向性を利用して設計されている。
  • 公開鍵暗号の提案は1976年であり、比較的初期に提案された方式である。
  • 自己発行証明書とは、発行者と主体者が同じ実体である公開鍵証明書のことである。
  • この問題に対して、暗号化鍵の配送問題を解決したのが公開鍵暗号である。
  • これにはいくらかの応用があり、特に公開鍵暗号に利用されている。
  • 通常は離れた場所にあるソフトウェア同士が協調し合うことで公開鍵は配布される。
  • 一般的に、公開鍵暗号は共通鍵暗号よりも暗号化、復号に時間がかかる。
  • 次へ »

公開鍵 の使われ方