公衆電話ボックス

136 の用例 (0.00 秒)
  • そこで駐車場の近くにある公衆電話ボックスまで走り、一一九番した。 西村京太郎『みちのく殺意の旅』より引用
  • 牛河は公衆電話ボックスの陰に身を潜めて天吾の行動を見守っていた。 村上春樹『1Q84 BOOK3』より引用
  • 百メートルほど歩くと、そこにあった公衆電話ボックスに入った。 西村京太郎『死への招待状』より引用
  • 公衆電話ボックスを見つけて中に入り、女の電話番号を回した。 西村京太郎『消えたエース』より引用
  • 途中学校のそばまで来た時、家に電話するといって雪穂が公衆電話ボックスに入った。 東野圭吾『白夜行』より引用
  • ヘンリー・ミラーは階段の横や公衆電話ボックスの中で情交している。 池田満寿夫『尻出し天使』より引用
  • だが、公衆電話ボックスのガラスに映った顔は、少しの笑みも浮かべてはいなかった。 宮部みゆき『模倣犯 上』より引用
  • その途中、西本は車から降りて、公衆電話ボックスに入って、一一〇番した。 西村京太郎『恨みの三保羽衣伝説』より引用
  • そんな米倉の姿を、家の前の公衆電話ボックスの陰からじっと見つめている人影があった。 今邑彩『鋏の記憶』より引用
  • 夜の道を歩きつづけて、ようやく公衆電話ボックスを見つけると、一一〇番した。 宗田理『2年A組探偵局 仮面学園殺人事件』より引用
  • も一度、こんどは別の公衆電話ボックスへ行って電話帳をはぐってやろうかと考えた。 車谷長吉『赤目四十八瀧心中未遂』より引用
  • 公衆電話ボックスを出て、七瀬はゆっくりと西尾のいるマンションに向った。 筒井康隆『(「七瀬」三部作 2) 七瀬ふたたび』より引用
  • 朝倉は、料亭から歩いて二分ほど離れたところにある公衆電話ボックスに入った。 大藪春彦『蘇える金狼 野望篇』より引用
  • 近くの公衆電話ボックスから、ホテルの敬子の部屋番号を言った。 森瑤子『ドラマティック・ノート』より引用
  • 映画館を出ると、教師と私は公衆電話ボックスに入った。 姫野カオルコ『喪失記 処女三部作2』より引用
  • 公衆電話ボックスから、わずか五分間で、宝田は目的のアパートに着いた。 梶山季之『罠のある季節』より引用
  • しばらく走らせたところで、公衆電話ボックスを見付けた諏訪はすぐに言った。 今邑彩『少女Aの殺人』より引用
  • 邦彦は薄い手袋をつけた左手で公衆電話ボックスの扉を開いた。 大藪春彦『野獣死すべし』より引用
  • 公衆電話ボックスを見つけて、中に入り、一一〇番を回した。 西村京太郎『消えたエース』より引用
  • と、いって、亀井は、車を降り、公衆電話ボックスの方へ、歩いて行った。 西村京太郎『オリエント急行を追え』より引用
  • 次へ »