公衆送信

45 の用例 (0.01 秒)
  • 例えば、公衆送信の許諾は自由利用マークの対象にはなっていない。
  • 著作隣接権者にも、著作権者における公衆送信権に類する権利が認められている。
  • 公衆送信権は、著作権者以外の公衆送信行為を規制する権利である。
  • それを受け会社法施行規則223条が詳細を定めているが、そこでは「インターネットに接続された自動公衆送信装置を使用する方法」と規定されている。
  • ただし、プログラムの著作物以外の著作物を同一構内において送信する行為は公衆送信行為に含まれない。
  • したがって、学校などの構内放送は公衆送信権の侵害にならない。
  • 自動公衆送信においては、実際に送信行為が行われるのは、利用者のアクセスがあった時である。
  • しかし、インターネット上で著作物が公開されている場合を想定すると、著作権の支分権としての公衆送信権の扱いにつき、どの地を利用行為地とするかという問題を生じる。
  • 公衆送信権に関連する権利として、送信可能化権、伝達権がある。
  • インターネットラジオは基本的には「自動公衆送信」となる。
  • 公衆送信権とは言っても、送信する行為が権利内容とされているのか公衆に受信させる行為が権利内容とされているのかは各国により異なるため、著作物の利用行為地を発信国とすべきか受信国とすべきかという議論自体が不適切という問題意識に基づく。
  • この他にもIP放送を放送ではなく自動公衆送信と扱う事で、地上波番組の放映や著作権処理を難しくしているという意見もある。
  • 著作物を公衆送信や送信可能化する権利である。
  • 公衆送信権は、著作権の一部で、公衆によって直接受信されることを目的として著作物の送信を行うことができる権利である。
  • 伝達権とは、公衆送信された著作物を、受信装置を用いて公衆に伝達することを規制する権利である。
  • 著作権法に於いては、RF方式は同法に規定する有線放送に当たるが、IP方式は同法に規定する自動公衆送信に当たる。
  • 加えて同団体やインターネットユーザー協会などはとりわけ自動公衆送信等により提供されるフリーソフトウェア等の頒布活動がこの法案の影響により萎縮してしまうとの声明を発表している。
  • そこで、送信行為の前提となる、自動公衆送信し得る状態に置く送信可能化行為を、著作権の対象とすることで、著作権者の権利行使を容易にしている。
  • 著作権法の有線放送事業者には該当せず、自動公衆送信であり、また著作物の利用に関して事前の別個許諾が必要などの問題である。
  • また日本においてはゲーム映像は著作権法で保護されており、無許可でゲーム映像を動画サイトにアップロードし公衆が閲覧できるようにするのは、公衆送信権の侵害となる。
  • 次へ »

公衆送信 の使われ方