公衆衛生

605 の用例 (0.02 秒)
  • さらに公衆衛生改善にも協力しており、病院施設の改善を協力している。
  • これは、世界的には公衆衛生分野における初めての多数国間条約である。
  • 公衆衛生は、集団の健康の分析に基づく地域全体の健康への脅威を扱う。
  • もちろん、公衆衛生の発展には眼を見はらすような発展があったであろう。 ウェルズ/浜野輝訳『ダヴィドソンの眼の異常な体験』より引用
  • 障害調整生命年は、公衆衛生との分野で次第に一般的なものとなってきている。
  • これにより、彼は公衆衛生の前駆時代における代表的な人物とされている。
  • それと関係して、私が最も重要視したのが十八世紀末に誕生した公衆衛生学である。 牧野修『アロマパラノイド 偏執の芳香』より引用
  • これがパリなどのフランスの大都市部の公衆衛生の悪化の原因の一つとなった。
  • 晩年には、純粋化学よりも工学や公衆衛生学に時間を費やすようになった。
  • アラバマ州公衆衛生省からレベル2トラウマセンターに指定されている。
  • 米軍統治下の日本でも、公衆衛生看護婦制度が定められていた。
  • しかし、近代化に伴い公衆衛生の観点から法令で禁止されることとなった。
  • また、米国公衆衛生長官のレポートのように議論の余地は無いとしている。
  • 法令には都市計画や公衆衛生上の検疫に関する規則も含まれていた。
  • 以後、公衆衛生学の発展と共に、こうした実情は徐々に改善されていった。
  • 大学の教室の名称等で公衆衛生学と称される場合もある。
  • 豊富な経験と技術をもつ専門家と公衆衛生関連専門企業等によって構成される団体である。
  • ただしこれは、公衆衛生が目的であり、有価物としての売却は続いていた。
  • 健康員会の委員3人は環境と公衆衛生に関わる規則と規制を形成し、執行する。
  • また、国際経済法の視点から、貿易と公衆衛生に纏わる研究を行っている。
  • 次へ »