公衆無線lan

140 の用例 (0.00 秒)
  • 公衆無線LANアクセスポイントを搭載した自動販売機も増えている。
  • 公衆無線LANによるブロードバンドアクセス事業を主業務としている。
  • ホテルや公衆無線LANを利用することで、移動先でも同じ番号が使える。
  • 海外の公衆無線LANスポットを対象としたローミングサービスである。
  • いずれのプランもそれぞれの会社が提供する公衆無線LANサービスを利用できる。
  • 携帯電話、PHSの接続の他に、公衆無線LAN接続サービスがある。
  • マックスはほとんどの店舗で無料の公衆無線LANを提供している。
  • 同年4月より公衆無線LANサービスを正式に開始し、サービス展開を進めている。
  • そのため都心部の駅や商業地域を中心に展開されている公衆無線LANとは逆に、住宅街を中心にスポットが形成されている。
  • 公衆無線LANとは、無線LANを利用したインターネットへの接続を提供するサービスを指す。
  • さらに2002年、公衆無線LANをニューヨークの公園としては初めて提供開始した。
  • 利用できる公衆無線LANサービスはエリアにより異なる。
  • 各店舗を除く館内全エリアで無料公衆無線LANが利用できる。
  • また、公衆無線LANサービスを利用した通信などは基本的に帯域制限の対象となる通信としてカウントされない。
  • 大手通信キャリアなどによる公衆無線LANの5GHz対応が進んでいる。
  • またラジオ受信装置を廃止する一方で、東武鉄道の車両では初となる公衆無線LANサービスを行っている。
  • 公衆無線LANサービスが併設されているケースが多い。
  • 有料・無料を問わず、公衆無線LANアクセスポイントの数は増加し続けている。
  • 米国外でも、2000年過ぎごろから公衆無線LAN接続の実証実験が始まり、その数年後からサービスが開始されている。
  • 無線LANの場合は店側が独自のアクセスポイントを設置する場合と、店が特定の公衆無線LANサービスと契約してアクセスポイントを設置する場合がある。
  • 次へ »