公衆海水浴場

7 の用例 (0.00 秒)
  • どちらの公衆海水浴場も、入江からほぼ一マイルあることは調べてあります。 クイーン/石川年訳『スペイン岬の裸死事件』より引用
  • そこで犯人はマルコの着衣を着て、どちらかの公衆海水浴場へハイウェイを歩いて行った。 クイーン/石川年訳『スペイン岬の裸死事件』より引用
  • もう一方の側には、公衆海水浴場があったが、紙屑のちらばっている砂浜にすぎなかった。 クイーン/石川年訳『スペイン岬の裸死事件』より引用
  • 右側の垣根はやじうまを防ぐもので、垣根の外は公衆海水浴場だよ。 クイーン/石川年訳『スペイン岬の裸死事件』より引用
  • 事実、われわれが会ったとき、ステビンズ自身、公衆海水浴場から水着ひとつで歩いて帰って来たところでしたよ。 クイーン/石川年訳『スペイン岬の裸死事件』より引用
  • 犯人は、たとえ、ステビンズに見られても、公衆海水浴場へ行く道の途中で、だれかに出会っても、相手の注意をひいて、たちまち厄介なことがおこったり、思いがけぬ目撃者に消しがたい印象を残すような変な不似合なところが、どこにもないほど、うまくマルコの衣類を着こなしていたんですからね。 クイーン/石川年訳『スペイン岬の裸死事件』より引用
  • 広いハイウェイから、わずか二、三百ヤードしか離れていないし、岬の西側は公衆海水浴場になっているのに、岬は、まったくの私有地で、まったく外部から遮断されている。 クイーン/石川年訳『スペイン岬の裸死事件』より引用