公衆回線

24 の用例 (0.00 秒)
  • WIDE通信機同士のほか、警察電話や一般公衆回線に接続できる。
  • 上記手順では電話会社の提供する公衆回線交換網を利用することが前提となっているが、近年ではインターネットを利用した電子データ交換の利用が進展している。
  • また、ここで言うオンラインとは単なる回線の意であり、公衆回線という意味ではない。
  • 一般公衆回線からの接続手段として富士通が構築していたパケット交換網サービスFENICSを利用した。
  • データ通信本部は、1970年に公衆回線を介した3種類のサービスを開始した。
  • 音響カプラを使用して公衆回線経由で接続していた。
  • 以前はデータ送信に使える自社回線が無い社ではNTT公衆回線を使うケースも多く見られた。
  • 当初は小型の電話交換機や火災報知器などの製造の他、香港企業が生産した内線電話や加入者電話網の公衆回線への接続を行う構内交換機の販売代理業を手がけた。
  • 公衆回線に接続されず、内線電話同士での通話のみを目的とした構内交換機に限定して、PAXと称する場合もある。
  • 電気通信設備工事担任者は、公衆回線やCATVの通信回線に接続する端末設備の接続及び配線工事を行い、または監督するための国家資格である。
  • トンネリングを利用すれば、二つの直結していない私的なネットワークで利用する情報に一切手を付けずに送受信すること、すなわちインターネットなどの公衆回線を介しながらも二つのネットワークを仮想的に直結することができる。
  • 有線用の電話機から公衆回線を通じてアマチュア無線に接続する形態、つまり電話機側の人がアマチュア無線家でないこともあり得る。
  • 大規模な構内交換機は、あらかじめプログラムしてある一定の基準に応じて、構内電話機への着信選択制御を行い、公衆回線を介した問い合わせにも効率的に対応できる様にしたものが多い。
  • この場合、コーデックを使用したもの以外は公衆回線の音声伝送帯域がそのままの音質となる。
  • これにより、従来のアステル東京はNTT公衆回線を利用していたが、段階的に自社網へ移行し、苦しい経営環境の中でインフラコストの低減に成功した。
  • 電気通信事業法の施行前は、公衆電気通信法により公衆回線に自営設備を接続することは開放されていなかったため、通信工事業者向けに日本電信電話公社が「公衆電気通信設備工事担任者」試験を、国際電信電話株式会社が「国際公衆電気通信設備工事担任者」試験を実施していた。
  • 公衆電気通信法の下では、前述の「公衆回線」とは電電公社の電話回線であり、「自営設備」とは電電公社のものでない設備のことであった。
  • Automatic Call Distributorとは、主に公衆回線網から掛かってきた電話を、構内交換機などが一定の基準のもと、どの電話機に着信するかを自動的に割り振る機能のことを言う。
  • 電話番号は7桁で、1桁目はNTT等の公衆回線同様にゼロであり、最初の3桁は地域をあらわす。
  • ISDN回線や公衆回線によるダイアルアップなどを利用して、遠隔地のコンピュータネットワークへ接続するための仕組み。
  • 次へ »