公衆利用許諾

9 の用例 (0.01 秒)
  • 八田真行の日本語訳ではGNU 一般公衆利用許諾書と呼んでいる。
  • 八田真行による日本語訳ではGNU 劣等一般公衆利用許諾書と呼称している。
  • SympaはGNU一般公衆利用許諾契約書に基づき公開されるフリーソフトウェアである。
  • GNU 劣等一般公衆利用許諾契約のバージョン3は、同様なGPLの例外として作られたものである。
  • 作業は1984年より開始され、1985年にはストールマンがフリーソフトウェア財団を立ち上げ、1989年には GNU 一般公衆利用許諾書を書いた。
  • 英語としても非常に下品な名称のライセンスで、あえて語感を尊重して翻訳するとすれば『どうとでも勝手にしやがれクソッタレ・公衆利用許諾書』といったところである。
  • Dada MailはGNU一般公衆利用許諾契約書の条項の下に配布されるフリーソフトウェアであり、Perlで書かれている。
  • 最も一般的なフリーソフトウェアライセンスのひとつである「 GNU 一般公衆利用許諾書」はコピーレフトの一形態であり、 Linux カーネルや GNU プロジェクトの多くのコンポーネントのライセンスとして採用されている。
  • Linux カーネルのソースコードは無償で入手でき、 GNU 一般公衆利用許諾書のもとにおいて、非営利・営利に関わらず誰でも自由に使用・修正・頒布できる。

公衆利用許諾 の使われ方