公衆の前

116 の用例 (0.00 秒)
  • 七日午前、軍事管理委員会のメンバーがようやく公衆の前に姿を現した。 近藤紘一『サイゴンのいちばん長い日』より引用
  • しかし、ハイネが問題としたのは公衆の前で懺悔をした人のことである。 ドストエフスキー/中村融訳『地下生活者の手記』より引用
  • そして、この言葉を最後に、彼は公衆の前から姿を消したのだった。 クラーク『楽園の泉』より引用
  • ただ、多くの他の芸術家は一般の公衆の前に姿をさらしていない。 岸田国士『俳優倫理』より引用
  • 自分の詩を公衆の前で読む詩人には、ほかにも胸の悪くなるような習慣があるかもしれない。 ハインライン『愛に時間を2』より引用
  • 働く女たちが、公衆の前に姿を現わすのは、たいていの場合食事どきである。 林真理子『ルンルンを買っておうちに帰ろう』より引用
  • たとえば、官邸へ行ってる晩だの、公衆の前で演奏してる時だのに。 ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • かかる何人が読んでも醜い印象を受ける論争を芸術の名によって公衆の前にして見せるのは何事か。 倉田百三『愛と認識との出発』より引用
  • しかしオンライン上の名声に後押しされて、2度公衆の前で演奏している。
  • 公衆の前に出てゆくことが、集まってる人たちの目標となることが、辛棒できなかった。 ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • 俳優は公衆の前で自分以外の他の人物に自分を擬する。 岸田国士『俳優倫理』より引用
  • このころのおれは滅多に教授と顔を合わせなかったし、絶対に公衆の前では会わなかった。 ハインライン『月は無慈悲な夜の女王』より引用
  • もう六十歳ぐらいの筈だが、この男は文筆を業とし始めてから公衆の前には決して姿を現さないようである。 福永武彦『第一随筆集 別れの歌』より引用
  • メグレは公衆の前で電話をかけたくなかったのだ。 シムノン/長島良三訳『メグレと首なし死体』より引用
  • 第一流の芸術家たちが兄弟のように私に手を差し出して、公衆の前に進出するように激励した。 アンデルセン/神西清訳『即興詩人(下)』より引用
  • かれの唯一の独裁の方式は秘密であり、公衆の前へ出て大演説をぶったりすることではなかった。 半藤一利『ノモンハンの夏』より引用
  • 後で公衆の前で縛り首にさせてやろうと思っているの。 スタンダール/大久保和郎訳『パルムの僧院(下)』より引用
  • あなたが胸の中の悪や、外の悲しみにはっきり勝利をうることができるように、天はあなたに公衆の前での恥を与えたもうたのです。 ホーソン/刈田元司訳『スカーレット・レター(緋文字)』より引用
  • 婦人指揮者というものは、やっとこの頃その初歩的な歩みを公衆の前に現したばかりである。 宮本百合子『婦人の文化的な創造力』より引用
  • 第二に、叔父さんは公衆の前で老人に似合はしくない恥をかくのが嫌だつたからなのです。 ファーブル・ジャン・アンリ『科学の不思議』より引用
  • 次へ »