公用語化

40 の用例 (0.00 秒)
  • 構想段階であって、公用語化に向けた具体的で進行中の計画があるわけではない。
  • 同時にウルドゥー語が公用語化されるまでは英語を公用語とする旨規定している。
  • 英語第二公用語化は、その豊かな可能性を閉じる鎖国政策にほかならない。 米原万里『ガセネッタ&シモネッタ』より引用
  • 今回の第二公用語化への動きは、この流れの一環であろう。 米原万里『ガセネッタ&シモネッタ』より引用
  • ただし公用語化されない地方の言語には文字がないことが多く、公用語の普及と共にそのほとんどが消滅していく傾向にある。
  • アストゥリアス語の公用語化を目的とするの結成に参画した。
  • 民主化後のカラマンリス政権で彼は教育大臣に任命され、デモティキの公用語化を担当した。
  • スワヒリ語は1974年に公用語化され、それ以来国語としての扱いを受けている。
  • それはオック語を用いる人々の間でも変わらず、多くの人々はオック語の第二公用語化やより強力な自治権を希望し、少数ながら独立を画策する者も存在するとされる。
  • 両共和国においてオランダ語の公用語化は認められなかったが、教育や裁判所におけるオランダ語の使用と「状況が許せばできるだけ早急に」両植民地の自治は認められるとの条件で交渉は成立した。
  • また、ヘブライ語を公用語化し、英語やロシア語は準公用語と位置づけるべきだとしている。
  • 保守派の中には「国語教育が疎かになる」などと主張して英語の公用語化は勿論、英語教育の徹底化にも反対している者もいる。
  • さらに、英語を公用語化して事務書類も英語化することで、外国人研究者が快適に研究に打ち込めるような環境を構築するという方針のもと、英会話が可能な事務職員を多く配置しているのも特徴である。
  • そのようなことから、反露的な立場を持ち、ウクライナ・ナショナリズムの影響から、ロシア語の第二公用語化には反対している。
  • アストゥリアス州ではいくつかの民間団体と一部の政治家によって提案されている、アストゥリアス語の公用語化について議論が沸き起こっている。
  • ケープ植民地総督のアルフレッド・ミルナーらは両植民地をイギリス化することを望み、英語の公用語化を行い鉱山主ら英国系中心の統治を行った。
  • ケベックで最も古くから英語が公用語化した地域の一つだったが、英語話者の多くはフランス語常用者に同化されたか、他の地域へ移住した。
  • その一方で、ウクライナ国内でも東南部を中心にロシア語話者が多いことから、ロシア語の第二国語もしくは公用語化を掲げる政治勢力も一定の影響力を保っている。
  • しかし文法の整備などの遅れや、国内他言語話者の反対、公用語の使用能力がエリート層の権力の源泉となっているなどの事情によって、共通語が公用語化はされないことがほとんどである。
  • インド政府によるヒンディー語の公用語化案に対しタミル語の起源の古さなどを論じ、政府の施策は押し付けであるとして強硬に反対した。
  • 次へ »

公用語化 の使われ方