公用方外島

6 の用例 (0.00 秒)
  • 黒谷に到着し、会津藩公用方外島機兵衛らに会い、この建案を大いに弁じた。 司馬遼太郎『燃えよ剣 01 (上)』より引用
  • むろん会津藩公用方外島機兵衛は、そういういきさつまで知ろうはずがないのである。 司馬遼太郎『燃えよ剣 01 (上)』より引用
  • 近藤と土方が、三本木の料亭で、会津藩公用方外島機兵衛らと会食したときのことだ。 司馬遼太郎『燃えよ剣 01 (上)』より引用
  • 例の公用方外島機兵衛を通して働きかけると、意外にも即日、嘆願の旨が容れられ、隊名を「新選組」とすることも、公認となった。 司馬遼太郎『燃えよ剣 01 (上)』より引用
  • 歳三は、建仁寺けんにんじのある塔頭たつちゆうで会津藩公用方外島機兵衛と会談し、そのあと、沖田総司ひとりをつれて、大和大路を北にむかった。 司馬遼太郎『燃えよ剣 01 (上)』より引用
  • 歳三は、黒谷の会津本陣に行き、公用方外島機兵衛に仲介してもらって、洋式調練にあかるい藩士に会い、外国軍隊の制度をきいたりした。 司馬遼太郎『燃えよ剣 01 (上)』より引用

公用方外島 の使われ方