公爵領

174 の用例 (0.00 秒)
  • 一七二三年七月二一日、イタリアのカララの公爵領で聖体器が盗まれた。 竹下節子『パリのマリア』より引用
  • 中世のアンジューはもと伯爵領で、1360年以降は公爵領となった。
  • アオスタ公爵領はイタリア統一に至るまでサヴォイア家の領土であり続けた。
  • その中には13世紀の大司教区、伯爵領、公爵領に属したものもある。
  • さらに、1471年に彼が同じく統治していたフェラーラも公爵領となった。
  • フランスには、中世期には多数の公爵領が存在していた。
  • 彼はドイツ人部隊の総司令官およびホルシュタイン公爵領の総督に任じられた。
  • この公爵領は1434年にフランス王領に再び戻った。
  • 後にリチャードが国王に即位すると、公爵領は国王領に編入された。
  • この辺りのパナマ地峡は、幅が25リーグもないので公爵領は太平洋に至った。
  • さらに珍しいことに、彼の公爵領はイタリア半島の中でナポレオン自身のイタリア王国を除いた部分に創設された。
  • この街は中世の初めにはシュヴァーベン公爵領には属しておらず、フランク王国に属していた。
  • 続いて子爵領、1486年には伯爵領となり、1565年には公爵領となった。
  • は6世紀にフランク王国に征服され、公爵領が代わりに置かれた。
  • これにより、ザクセン選帝侯領からは以下の3つの公爵領が分立した。
  • ただし、公爵領の国家主権は以前よりさらに制限された。
  • ルイ12世は、オルレアン公爵領に含まれていたモンタルジを王領に加えた。
  • イングランド各地にあった封建制の下での公爵領は、その後すべて王家に吸収されることになった。
  • ヨハン・ゲオルク2世が1698年に子供のないまま死ぬと、公爵領を継承した。
  • 歳入に合わせた領土分割によって出来た各公爵領では、諸勢力が蜂の巣状に割拠していた。
  • 次へ »