公爵邸

53 の用例 (0.00 秒)
  • この邸宅は、幾人かの貴族の手を経て、のちにグラモン公爵邸となった。
  • リディアがメースフィールド公爵ていにいることは知っているはずのエドガーだ。 谷瑞恵『伯爵と妖精 第11巻 花嫁修業は薔薇迷宮で』より引用
  • 一九一六年十二月二十九日夜、ラスプーチンはユスポフ公爵邸に招かれた。 山田風太郎『ラスプーチンが来た 山田風太郎明治小説全集11』より引用
  • 名称は、旧島津公爵邸に因み、同邸宅は現在清泉女子大学となっている。
  • 体を洗って食堂に座った王妃は公爵邸の料理番が仰天するような量を一人で平らげた。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第08巻 「風塵の群雄」』より引用
  • 彼女はまたタランコンのリアンサレス公爵邸をも所有していた。
  • 公爵邸の一件以来アドリアーナは自宅で静養していた。
  • 実の所をお話しすると、私が初めて燕尾服を作つたのも公爵邸へ招待された時なのです。 堀口九万一『フランソア・コッペ訪問記』より引用
  • そんなわけで、ナシアスは三度目に訪ねて初めてサヴォア公爵邸の内部に足を踏み入れた。 茅田砂胡『大鷲の誓い デルフィニア戦記外伝』より引用
  • 競馬好きの貴族と決闘したこともあったし、かけをして自慢の名馬を公爵邸の階段の上に追い上げてみせたこともあった。 クリスティ/田中潤司・早川節夫訳『「ポワロ参上!」5』より引用
  • むろん機敏な新十郎は、警察が調べた以上に多くのことをその日までに調べておいたが、公爵邸の会見で知り得たことは、外部からでは調査の届きがたい意外千万な秘密であった。 坂口安吾『明治開化 安吾捕物』より引用
  • 数日後、ブイヨン公爵邸では夜会が開かれようとしている。
  • その夜、公爵邸こうしゃくていしたリディアは、伯爵はくしゃく邸に忘れ物をしたと父に言って、ひとりつじ馬車に乗った。 谷瑞恵『伯爵と妖精 第05巻 呪いのダイヤに愛をこめて』より引用
  • レー公爵邸の舞踏会であれほど高慢な姿をしていたこの娘が、今はまるで哀願するばかりのまなざしをしていたのだ。 スタンダール『赤と黒』より引用
  • 牛場邸、万平ホテル、西園寺公爵邸で開かれ、近衛内閣の政策に大きな影響を与えた。
  • ラスプーチンを暗殺したユスポフ公爵邸内のコンサートホールで開催されたコンサートにも出席している。 山下丈『ブルー・ブラッド ―ヨーロッパ王家の現代』より引用
  • さてしかし、首都マドリードにある公爵邸である。 堀田善衞『スペインの沈黙』より引用
  • その夜、舞踏会に行ってみて、ジュリヤンはレー公爵邸の豪華な構えに目を見はった。 スタンダール『赤と黒』より引用
  • われわれのユニコーンはギルビア公爵邸に返却してしまったが、女王候補の彼女は、その一頭をアッシャートンまでつれてきているそうだ。 C★NOVELS『創刊25周年アンソロジー』より引用
  • メアリーは公爵邸によく出入りしていた軍人サー・ジョン・ジャーメインと浮気し、これに公爵が立腹して1685年から別居となった。
  • 次へ »

公爵邸 の使われ方