公爵家の跡取り

6 の用例 (0.00 秒)
  • あなたには仲がよかったように見えていたのかもしれませんが、わたしはあくまで一介の騎士に過ぎず、彼は筆頭公爵家の跡取りです。 茅田砂胡『大鷲の誓い デルフィニア戦記外伝』より引用
  • 生まれた子どもはサヴォア公爵家の跡取りになるんだから、実家との軋轢あつれきも問題ない。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第08巻 「風塵の群雄」』より引用
  • さらに、サヴォア公爵家の跡取りを若い者だけで戦わせるわけにはいかなかったのか、この先鋒隊はザックスが率いていた。 茅田砂胡『大鷲の誓い デルフィニア戦記外伝』より引用
  • しかし、どんなに不快であっても、腹が立っても、サヴォア公爵家の跡取りには逆らえないらしい。 茅田砂胡『大鷲の誓い デルフィニア戦記外伝』より引用
  • マールバラ公爵家の跡取りであるブランドフォード侯爵ジョン・スペンサ=チャーチルとその妻であるの長男として生まれる。
  • リチャードは思いがけなくグロスター公爵家の跡取りとなり、1974年に父が死去するとグロスター公爵を襲爵、バージットはグロスター公爵夫人となった。