公爵家の世継ぎ

5 の用例 (0.00 秒)
  • 長兄は幼くして死んだため、実質的に公爵家の世継ぎであった。
  • 兄のエルンストが夭折したため、幼い頃から公爵家の世継ぎ公子として育てられた。
  • 公爵家の世継ぎとしてヨハン・フリードリヒ・ヴィルヘルム・イェルーザレムらの家庭教師から幅広く高度な教育を受け、若い頃にネーデルラント、フランス、ドイツ諸国を旅行している。
  • 兄クリスティアンは貴賤結婚をしたためアレクサンダーがセナーボー公爵家の世継ぎとなり、1622年に父が死ぬと家督を引き継いだ。
  • ルイーセの男系子孫が仮に王位を継ぐことになっても、その子孫たちがデンマーク王家の血縁者でないということにならないために、宰相は「半王族」といえる立場にあるアウグステンボー公爵家の世継ぎ公子をルイーセの夫に選んだのである。