公爵家

670 の用例 (0.01 秒)
  • サヴォア公爵家の息子を一人で行かせるわけにはいかなかったからだ。 茅田砂胡『大鷲の誓い デルフィニア戦記外伝』より引用
  • サヴォア公爵家はおまえの育った家とはまったく違うと言ったはずだ。 C★NOVELS『創刊25周年アンソロジー』より引用
  • しかし、大公爵家ニーミエはお肉をこれまでと同じように買わせていただきます。 森岡浩之『星界シリーズ 星界の断章 01 星界の断章 Ⅰ』より引用
  • 公爵家の親族は改革派以上に王国の利権をむさぼろうというものばかり。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第03巻 「白亜宮の陰影」』より引用
  • デヴォンシャー公爵家は王国でも二位か三位の座にある大富豪だった。
  • 以後、ロイヒテンベルク公爵家は事実上は広義のロシア皇帝家に属した。
  • どうやらサヴォア公爵家には自分の出生以外にも複雑な事情があるらしい。 C★NOVELS『創刊25周年アンソロジー』より引用
  • 一方、公爵家の財政問題に関しては見るべき成果はほとんど残せなかった。
  • これら公爵家の子孫たちは、最終的には国王位を巡って相争うようになる。
  • だから自分は責任を感じて今日まで公爵家を守っていた。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第08巻 「風塵の群雄」』より引用
  • その名が示す通り、ヴィスコンティ公爵家の血を引く貴族の血筋であった。
  • リディア姫がわが公爵家の客人であることはタイタニアの万人が知るところだ。 田中芳樹『タイタニア2 暴風編』より引用
  • それでいてサヴォア公爵家という特殊な環境を特殊と思わずにお育ちです。 茅田砂胡『大鷲の誓い デルフィニア戦記外伝』より引用
  • それでも、心の奥底では、自分は公爵家の跡継ぎだと思い続けてきた。 谷瑞恵『伯爵と妖精 第18巻 魔都に誘われた新婚旅行』より引用
  • それだけ公爵家が王家にとって重みのある存在だということだろう。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第05巻 「異郷の煌姫」』より引用
  • 彼の公爵家の血が、ロシア大公皆殺しに強い怒りを感じさせたのだ。
  • 明治維新後の1884年には公爵の爵位を授けられて徳川公爵家となった。
  • この一件で元々芳しくなかったマールバラ公爵家の評判は更に悪くなったという。
  • 公爵家が所有する不動産はグローヴナー・グループによって管理されている。
  • この少年は、サヴォア公爵家という特殊な環境を少しも特殊と思わずに育っている。 茅田砂胡『大鷲の誓い デルフィニア戦記外伝』より引用
  • 次へ »