公爵夫妻

114 の用例 (0.00 秒)
  • 中世の年代記によれば、公爵夫妻の結婚生活は完全なものではなかった。
  • 公爵夫妻の間には6人の子供が生まれたが、育ったのは長女だけだった。
  • 公爵夫妻は同居しているとは言えず、家庭内別居のような生活を続けた。
  • 気前のいい条件をもち出して公爵夫妻に交渉するよりほか方法はない。 サキ『ザ・ベスト・オブ・サキⅠ』より引用
  • 公爵夫妻は完全な政略結婚だったにもかかわらず、幸福な家庭を築いた。
  • 公爵夫妻は離婚することはなかったが、その後二度と会うことはなかった。
  • 公爵夫妻は結婚後1年間、スイスやイタリアでの長期の新婚旅行をした。
  • そこへ公爵夫妻の離婚訴訟が近いそうだ、と予想外の噂が伝わった。 サキ『ザ・ベスト・オブ・サキⅠ』より引用
  • もし彼女が公爵夫妻の長子であれば、彼女は同年の暮れ頃に生まれたことになる。
  • ブイヨン公爵夫妻には20歳以上の年齢差があったが、夫婦仲は良好だった。
  • また公爵夫妻は1281年、プレモントレ会に資金援助を行っている。
  • この結婚は非常に不幸であり、エステルイェーランド公爵夫妻には子供も出来なかった。
  • そこには徳川家達いえさと公爵夫妻と近衛文麿公爵夫妻が媒酌人として同席した。 酒井美意子『ある華族の昭和史』より引用
  • ベアトリチェはヤヴォル公爵夫妻の10人いる子供達のうちの第3子だった。
  • レグニツァ公爵夫妻は娘に厳格なカルヴァン主義教育を受けさせた。
  • 彼女は私に公爵あての手紙、公爵夫人あての手紙を托し、私はパリへ着いて二日目に、公爵夫妻のところへ出かけました。 バルザック/菅野昭正訳『谷間のゆり(上)』より引用
  • 世論の力で公爵夫妻を社交界から追放はできようが、どう圧力を加えたところでそこまでの話である。 サキ『ザ・ベスト・オブ・サキⅠ』より引用
  • 公爵夫妻の家庭生活は人々の模範とされるほど立派なもので、子供にもすばらしい教育を授けた。
  • 公爵夫妻が出て行ってしまうと、リョーヴィンは自分の許婚いいなづけのそばへ近づいて、その手を取った。 トルストイ/木村浩訳『アンナ・カレーニナ』より引用
  • 解放後、公爵夫妻はそれまでの敵意に満ちた夫婦関係を改め、互いに歩み寄るようになった。
  • 次へ »

公爵夫妻 の使われ方