公爵夫人

2,261 の用例 (0.02 秒)
  • モスカ伯爵は彼が公爵夫人の家に帰って来たのを見て笑いながら言った。 スタンダール/大久保和郎訳『パルムの僧院(上)』より引用
  • その二人の間に意見のくい違いのあるらしいことに公爵夫人は気づいた。 スタンダール/宗左近訳『カストロの尼』より引用
  • 公爵夫人は、伯爵夫人が自分についてパリにくることを望んでいました。 バルザック/菅野昭正訳『谷間のゆり(上)』より引用
  • するとしばらくって街で偶然会ったのが、今度はその公爵夫人だった。 倉橋由美子『倉橋由美子の怪奇掌篇』より引用
  • 公爵夫人となる人は貴族の生まれでなければならないということです。 スタンダール/大久保和郎訳『パルムの僧院(上)』より引用
  • 公爵夫人はすっかり途方にくれて、なにをしていいかわからないでいた。 トルストイ/木村浩訳『アンナ・カレーニナ』より引用
  • 大公はこの連中を政権につけることで公爵夫人に復讐したつもりだった。 スタンダール/大久保和郎訳『パルムの僧院(下)』より引用
  • 公爵夫人の死後、彼はつとめて彼女のことを考えないようにしていたのだ。 ツルゲーネフ/佐々木彰訳『父と子』より引用
  • ファブリツィオは彼の語る心配ごとに公爵夫人よりも注意を払っていた。 スタンダール/大久保和郎訳『パルムの僧院(上)』より引用
  • 向こうのドアが開き、ドラゴミロフ公爵夫人が食堂車に入ってきたのだ。 クリスティ/古賀照一訳『オリエント急行殺人事件』より引用
  • それに我慢できないような女は公爵夫人などにはなれないことになっている。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第08巻 「風塵の群雄」』より引用
  • だから公爵夫人と彼のうちどちらかが宮廷から消えねばならなかった。 スタンダール/大久保和郎訳『パルムの僧院(下)』より引用
  • 公爵夫人はファブリツィオが言った何かの言葉に対してやさしく笑った。 スタンダール/大久保和郎訳『パルムの僧院(上)』より引用
  • すると彼のかわいい公爵夫人の顔をどうしても見たくなってしまった。 バルザック/佐藤朔訳『従妹ベット(下)』より引用
  • 公爵夫人は大公の御慈悲でまもなく釈放されるだろうと信号を打たせた。 スタンダール/大久保和郎訳『パルムの僧院(下)』より引用
  • 彼は公爵夫人の手をみつめたが、その目つきを見て夫人は恐怖に襲われた。 スタンダール/大久保和郎訳『パルムの僧院(下)』より引用
  • ある夜彼女を愛していた公爵夫人はその部屋まで出かけて行った。 スタンダール/大久保和郎訳『パルムの僧院(上)』より引用
  • が、彼の沈黙に気のついた公爵夫人が、彼のほうを向いて話しかけた。 トルストイ/中村白葉訳『アンナ・カレーニナ(上)』より引用
  • 伯爵はよろこびに我を忘れて検察長官との会話を公爵夫人に報告に行った。 スタンダール/大久保和郎訳『パルムの僧院(下)』より引用
  • この時からある種の陽気さが公爵夫人の性格にまたあらわれて来た。 スタンダール/大久保和郎訳『パルムの僧院(下)』より引用
  • 次へ »