公爵大隈伯爵

7 の用例 (0.00 秒)
  • 然れども彼れの真価の知られざる処は、是れ却つて彼れの真価の存する処にして、彼れが伊藤公爵大隈伯爵等と相対峙して、別種の勢力を有する所以亦此にあり。 鳥谷部春汀『明治人物月旦(抄)』より引用
  • 彼れの人格思想は、伊藤公爵大隈伯爵等と対照すれば、より多く東洋的なりと雖も、若し強ひて欧洲に其の比倫を求めば、英国のウエリントン其の人を挙げざるべからず。 鳥谷部春汀『明治人物月旦(抄)』より引用
  • 彼れの人格思想は、伊藤公爵大隈伯爵等と對照すれば、より多く東洋的なりと雖も、若し強ひて歐洲に其の比倫を求めば、英國のウエリントン其の人を擧げざるべからず。 鳥谷部春汀『明治人物月旦(抄)』より引用
  • されば伊藤公爵大隈伯爵等は、其の妍醜瑕瑜大概露見して蔽はるゝ所なきも、山県公爵の真価は容易に公衆の窺ひ知る所とならず。 鳥谷部春汀『明治人物月旦(抄)』より引用
  • されば伊藤公爵大隈伯爵等は、其の妍醜瑕瑜大概露見して蔽はるゝ所なきも、山縣公爵の眞價は容易に公衆の窺ひ知る所とならず。 鳥谷部春汀『明治人物月旦(抄)』より引用
  • 但だ彼は当局者としても、局外者としても常に超然として公衆環視の圏外に特立せむとするの態度を執るものゝ如く、伊藤公爵大隈伯爵等が終始公衆の耳目を聳動せむとすると頗る其の趣を異にせり。 鳥谷部春汀『明治人物月旦(抄)』より引用
  • 但だ彼は當局者としても、局外者としても常に超然として公衆環視の圈外に特立せむとするの態度を執るものゝ如く、伊藤公爵大隈伯爵等が終始公衆の耳目を聳動せむとすると頗る其の趣を異にせり。 鳥谷部春汀『明治人物月旦(抄)』より引用

公爵大隈伯爵 の使われ方