公爵令嬢

117 の用例 (0.00 秒)
  • 老ベルミンスター公はご機嫌でカーストン公爵令嬢のことを話していた。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第08巻 「風塵の群雄」』より引用
  • もとのザセーキナ公爵令嬢ですよ、ほらぼくたちみんなが恋をしていた。 ツルゲーネフ/佐々木彰訳『初恋』より引用
  • 老公爵令嬢は死に、死んだその日のうちに忘れられてしまった。 ツルゲーネフ/佐々木彰訳『父と子』より引用
  • ソローキン公爵令嬢を連れたワーリヤが、二階の廊下で彼と出会った。 トルストイ/木村浩訳『アンナ・カレーニナ』より引用
  • ワーリャは公爵令嬢サローキナといっしょに、二階の廊下で彼に出会った。 トルストイ/中村白葉訳『アンナ・カレーニナ(中)』より引用
  • 公爵令嬢は、留守のあいだにアンナがモルヒネを飲んだと彼に訴えた。 トルストイ/木村浩訳『アンナ・カレーニナ』より引用
  • そして、ソローキン公爵令嬢に二言三言言葉をかけてから、外へ出た。 トルストイ/木村浩訳『アンナ・カレーニナ』より引用
  • その晩は、ワルワーラ公爵令嬢もいっしょになって、幸福に楽しく過ぎた。 トルストイ/木村浩訳『アンナ・カレーニナ』より引用
  • 中には、帝政ロシアの公爵令嬢や中国人女性が日本のために戦うというものもあった。
  • そのころの有力者で、保護者というべき一人の人物が、年の若い公爵令嬢の相談に乗ることを承諾してくれた。 ドストエフスキー/中山省三郎訳『白痴(上)』より引用
  • 行って見るとそこには老公爵令嬢とカーチャがいた。 ツルゲーネフ/佐々木彰訳『父と子』より引用
  • 彼女は気をくばって二人のそばから老公爵令嬢を遠ざけた。 ツルゲーネフ/佐々木彰訳『父と子』より引用
  • 父も大公爵令嬢もすべての人を、軽蔑の中に一くるめにした。 ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • 部屋のまん中では、椅子の上に公爵令嬢が立っていて、男の帽子を手にささげ持っている。 ツルゲーネフ/佐々木彰訳『初恋』より引用
  • 二十二歳の公爵令嬢は、喪服を着て黒いベールに顔を隠して悲嘆にくれたりはしなかった。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第08巻 「風塵の群雄」』より引用
  • 老公爵令嬢はショールの下で十字を切ったくらいである。 ツルゲーネフ/佐々木彰訳『父と子』より引用
  • 部屋のまん中には、椅子いすの上に公爵令嬢れいじょうち上がって、男の帽子ぼうしを眼の前にささげている。 ツルゲーネフ・イワン『はつ恋』より引用
  • 公爵令嬢ワルワーラは、彼女の夫の伯母で、彼女は前から知っていたが、尊敬してはいなかった。 トルストイ/中村白葉訳『アンナ・カレーニナ(下)』より引用
  • 公爵令嬢はそれに腰をおろした。 ツルゲーネフ/佐々木彰訳『父と子』より引用
  • 散歩とか、ワルワーラ公爵令嬢との話とか、病院の見まわりとか。 トルストイ/木村浩訳『アンナ・カレーニナ』より引用
  • 次へ »