公爵レト

9 の用例 (0.00 秒)
  • 通信網ではいま、公爵レトの情報部員に傍受されることが明らかだからだ。 ハーバート『デューン・砂の惑星1』より引用
  • おれが公爵デュークレトに忠誠を捧げていたのも、それ以上の理由があったからではない。 ハーバート『デューン・砂の惑星3』より引用
  • これを読まれるころ、公爵レトは死んでいられるでしょう。 ハーバート『デューン・砂の惑星2』より引用
  • わし自身は、気の毒な公爵デュークレトに哀れみを感じることができる。 ハーバート『デューン・砂の惑星1』より引用
  • その瞬間、密輸業者の顔はかれに公爵デュークレトを思い出させた。 ハーバート『デューン・砂の惑星3』より引用
  • 公爵デュークレトは、アラキーン郊外にある離着陸司令部の胸壁にもたれかかっていた。 ハーバート『デューン・砂の惑星1』より引用
  • 公爵デュークレトはみずからアラキスの危険に目をつぶり、不注意にも罠にかかっていったといわれている。 ハーバート『デューン・砂の惑星1』より引用
  • それは、公爵レトの声だった。 ハーバート『デューン・砂の惑星1』より引用
  • 公爵レトの死を知り、アラキスをハルコンネン家にふたたび与えられた年、わたしの父君ちちぎみ、|大 王 皇 パディッシャ・エンペラーは七十二歳、しかしまだ三十五歳ほどに思える若々しさであられた。 ハーバート『デューン・砂の惑星3』より引用