公爵の称号

43 の用例 (0.00 秒)
  • ただし、その後もポーランド王は両公国の公爵の称号を保持し続けた。
  • ゴドイは条約に対する批判を様々なところから受けたが、平和公爵の称号を受けた。
  • しばしば公爵の称号はシチリア王の後継者に与えられた。
  • 以後、クイーンズベリー公爵の称号は代々のバクルー公爵が帯びている。
  • バーゼルの和約から生涯を通じて平和公爵の称号を授かり、その名前で広く知られている。
  • サン・ドナート公爵の称号は1943年に男子相続人が絶えると、消滅した。
  • このため後にナポレオン3世によってマジェンタ公爵の称号を贈られている。
  • かつてはデヴォンシャーと呼ばれていたが、現在ではいくつかの名称とデヴォンシャー公爵の称号に残っているのみである。
  • ヴィットーリオ・エマヌエーレは、誕生以来アオスタ公爵の称号を帯びた。
  • この功績からダンツィヒ公爵の称号を与えられた。
  • 彼は遠征において示した功績を称えられ、テトゥアン公爵の称号を授かった。
  • ビェルスコ公の次の保持者には公爵の称号に対する権利があり、残りの家族の一員には侯爵の地位にあるとみなされた。
  • 誕生以来、彼はジェネヴェーゼ公爵の称号で呼ばれた。
  • 祖父ルイス1世の治世最後の年に生まれ、ベージャ公爵の称号を授けられた。
  • そして姪の将来の配偶者に公爵の称号が得られるよう、デンマーク王に働きかけたのである。
  • フランス王ルイ14世の愛妾となり、ラ・ヴァリエール女公爵の称号を与えられた。
  • クリヨン公爵はこの成功に続いてマオー公爵の称号を与えられ、新たにジブラルタル攻略の任務を与えられた。
  • アンはさらに、父のサフォーク公爵の称号を自分の2番目の夫ランダル・ハワースが相続できるよう画策したが、失敗に終わった。
  • 彼は両親が貴賤結婚だったためにヴュルテンベルク王位継承権がないが、公爵の称号と王家の血筋を持っていた。
  • さらにナポレオンは1808年にはダヴーにアウエルシュタット公爵の称号を与えた。
  • 次へ »