公爵さま

56 の用例 (0.00 秒)
  • そして公爵さまが酪農場に見える時まで、そのままそこにおりましたの。 アレクサンドル・デュマ/横塚光雄訳『黒いチューリップ』より引用
  • 公爵さまのお邪魔になるようなことはわしが許さんぞ。 ガボリオ/松村喜雄訳『ルコック探偵(上)』より引用
  • どちらも、公爵さまのためにこの城の中で絵を描きつづけた御用画家でした。 菊地秀行『吸血鬼ハンター17b D-白魔山 下』より引用
  • 公爵さまは私の目的に少しも気がおつきになりませんでした。 アレクサンドル・デュマ/横塚光雄訳『黒いチューリップ』より引用
  • 公爵さまはご自身でわたくしとグラスメア卿を引き合わせてくださいました。 茅田砂胡『大鷲の誓い デルフィニア戦記外伝』より引用
  • 公爵さまがもうきのう、あなたさまのことをお申し込みになりました。 トルストイ/木村浩訳『アンナ・カレーニナ』より引用
  • 話してやることはな、公爵さまが食事を済ましたってことだけだ。 シェイクスピア/大山敏子訳『真夏の夜の夢』より引用
  • 公爵さまのお使いであなたを呼びに来たのです。 ガボリオ/松村喜雄訳『ルコック探偵(上)』より引用
  • かれらは公爵さまの紋章指輪を持っており、警備兵はそれを確認いたしました。 ハーバート『デューン・砂の惑星1』より引用
  • 世間さまに顔向けできねえのはあたしじゃなくて、公爵さまのはずじゃありませんかね? ガボリオ/松村喜雄訳『ルコック探偵(下)』より引用
  • まったく実際、お前がどんなに仕事を怠けたか、公爵さまに言いつけるぞ。 シェイクスピア/大山俊一訳『リチャード3世』より引用
  • おらたちは公爵さまの前でやるように、立ちげいこしようぜ。 シェイクスピア/大山敏子訳『真夏の夜の夢』より引用
  • 公爵さまはそのことをとても案じられているのです。 茅田砂胡『大鷲の誓い デルフィニア戦記外伝』より引用
  • 俺は公爵さまが殺されたことを心から後悔しているんだ。 シェイクスピア/大山俊一訳『リチャード3世』より引用
  • 公爵さまが腕に抱えてお持ち帰りになった、ばらの木の小箱にはいっていたものでございましょう? アレクサンドル・デュマ/江口清訳『三銃士(上)』より引用
  • 夫の公爵さまもご存じですが、公爵さまにとってあの方は自分の妻であるより先に主君の妹君です。 茅田砂胡『大鷲の誓い デルフィニア戦記外伝』より引用
  • 公爵さま、ハーミアに会う前に 私はヘレナと言いかわした仲でございました。 シェイクスピア/大山敏子訳『真夏の夜の夢』より引用
  • それならなぜ、公爵さまじきじきあたしにお申し付けになったんです? ガボリオ/松村喜雄訳『ルコック探偵(下)』より引用
  • 「公爵さま、わたくしども出発いたします」冷やかに彼女は言った。 ガボリオ/松村喜雄訳『ルコック探偵(下)』より引用
  • 公爵さま、海を洗いざらいになさって、恋人を飾りたてたってわけね? バルザック/佐藤朔訳『従妹ベット(下)』より引用
  • 次へ »