公爵

全て 名詞
11,528 の用例 (0.02 秒)
  • 公爵夫人は、伯爵夫人が自分についてパリにくることを望んでいました。 バルザック/菅野昭正訳『谷間のゆり(上)』より引用
  • 大通りに出ると、公爵は自分でぎょして来た四輪馬車に彼女を乗せました。 デュマ・フィス/石川登志夫訳『椿姫』より引用
  • その様子が二人を比べて見て、公爵の方が弱々しいと思ふらしく見えた。 森林太郎『クサンチス』より引用
  • 黙って足を運んでいたリイズ公爵が、池の水を見つめながら口を開いた。 荻原規子『西の善き魔女3 薔薇の名前』より引用
  • かかる現代政治支配者の常識の選手が、他ならぬ近衛公爵であるわけだ。 戸坂潤『近衛内閣の常識性』より引用
  • 大公はこの連中を政権につけることで公爵夫人に復讐したつもりだった。 スタンダール/大久保和郎訳『パルムの僧院(下)』より引用
  • 追い出された公爵デュークにとって、何という貴重なものがここにあったことか! ハーバート『デューン・砂の惑星3』より引用
  • しばらくして彼女は、公爵を案内してケスルバッハ夫人の部屋に入った。 ルブラン/保篠龍緒訳『813(上)(ルパン・シリーズ)』より引用
  • だから公爵夫人と彼のうちどちらかが宮廷から消えねばならなかった。 スタンダール/大久保和郎訳『パルムの僧院(下)』より引用
  • 前代の近衛このえ公爵のお部屋さまになるひとだったが公爵に死なれてしまった。 長谷川時雨『モルガンお雪』より引用
  • 公爵夫人は大公の御慈悲でまもなく釈放されるだろうと信号を打たせた。 スタンダール/大久保和郎訳『パルムの僧院(下)』より引用
  • 彼は公爵夫人の手をみつめたが、その目つきを見て夫人は恐怖に襲われた。 スタンダール/大久保和郎訳『パルムの僧院(下)』より引用
  • そして不幸な公爵は、この間に乗じてなすべき事を思いついたのである。 ストレイチー・リットン『エリザベスとエセックス』より引用
  • それは公爵と大臣で、それ以下の身分の人ではないことだけ言っておこう。 坂口安吾『明治開化 安吾捕物』より引用
  • ドクター・ユエは公爵を守ろうとして死んだということにしておくんだ。 ハーバート『デューン・砂の惑星3』より引用
  • ウウンというため息に公爵はわれに帰って、寝床に近づいて様子をみた。 ルブラン/保篠龍緒訳『813(上)(ルパン・シリーズ)』より引用
  • ご病人がこれほど悪くなってからは、老公爵さまもいらっしゃいません。 デュマ・フィス/石川登志夫訳『椿姫』より引用
  • 伯爵はよろこびに我を忘れて検察長官との会話を公爵夫人に報告に行った。 スタンダール/大久保和郎訳『パルムの僧院(下)』より引用
  • フランツもアルベールも公爵への紹介状をたずさえてローマに来ていた。 アレクサンドル・デュマ/泉田武二訳『モンテ・クリスト伯(2)』より引用
  • 四公爵のうち無傷といえるのはジュスランとイドリスの両名だけである。 田中芳樹『タイタニア3 旋風篇』より引用
  • 次へ »