公民

全て 名詞
1,614 の用例 (0.01 秒)
  • 著名な公民権運動の活動家オジー・デイヴィスの妻として知られている。
  • 公民とは、古代日本律令制における統治対象とされた一般の人々を指す。
  • 社会科・地理歴史・公民では過去の戦争や日本国憲法を取り上げている。
  • さらにその後も柵戸や公民を中心とした郡制施行地を拡大していった。
  • この法律は障害による差別を禁止する適用範囲の広い公民権法の一つである。
  • 正と義と直を行為のうえにおいて示すものは天下の公民の模範である。 夏目漱石『草枕・二百十日』より引用
  • また、大統領に国会の解散権は無く、公民権の停止も認められていない。
  • 戦間期にギリシャ政府はユダヤ人に他のギリシャ市民と同様の公民権を認めた。
  • またその地域の住民は国家組織から国民あるいは公民と定義される。
  • 新しい議会は黒人法を制定し、解放奴隷から公民権のほとんどを奪った。
  • しかし現在でも地理歴史科と公民科を合わせて社会科と呼ばれることもある。
  • 正と義と直を行為の上において示すものは天下の公民の模範である。 夏目漱石『草枕』より引用
  • 公民教育における教育内容を大まかに分けると、次のようなものになる。
  • それでも、公民権問題に関しては指名の時期に2つの派から挑戦を受けた。
  • その早く農業に従事したものは、うの昔に公民になっているのであります。 喜田貞吉『特殊部落の成立沿革を略叙してその解放に及ぶ』より引用
  • すなわち公民はことごとく地主であり、農民であることとなったのです。 喜田貞吉『融和問題に関する歴史的考察』より引用
  • 此の問答の内容を徹底して知らしめるのが、アメリカの公民教育である。 沖野岩三郎『アラメダより』より引用
  • さらに、国家に奉仕するための生徒の公民教育、訓練にも重きを置いた。
  • 南部でも北部でも学生や生徒が公民権運動のあらゆる段階で重要な役割を担った。
  • こうなっては公民という資格はもはや何の役にも立ちません。 喜田貞吉『融和問題に関する歴史的考察』より引用
  • 次へ »

公民 で始まる単語