公式

全て 名詞
29,473 の用例 (0.02 秒)
  • ワードメイカーの私は内心公式の名称とするのはまずいなと思っていた。 佐々淳行『連合赤軍「あさま山荘」事件』より引用
  • おまえさんの特殊部隊の経歴は、公式書類からはすべて削除されている。 大石英司『B-1爆撃機を追え』より引用
  • 公式が用いられたのではなくて、公式が単に反覆自らを証明したに過ぎぬ。 戸坂潤『科学的精神とは何か』より引用
  • 彼はもう、少なくとも公式には、監視下におかれてはいなかったのである。 クラーク『都市と星』より引用
  • 公式には否定されているが、フロンディシはアメリカの了解を得ていた。 三好徹『チェ・ゲバラ伝』より引用
  • 正解が目の前にあるのに簡単な公式に四苦八苦する生徒を見るような目だ。 谷川流『涼宮ハルヒの驚愕(後)』より引用
  • この事件には、関係国の公式機関と政府が介入せざるをえなくなった。 チャペック/樹下節訳『山椒魚戦争』より引用
  • 世間で公式主義的な批評と呼ぶものの多くは、この内の一部分に含まれる。 戸坂潤『所謂批評の「科学性」についての考察』より引用
  • そしてシステムの発動にはいつも公式というものが陰に陽に必要なのである。 戸坂潤『ひと吾を公式主義者と呼ぶ』より引用
  • 以前の諸公式の展開と総合とから、初めてそれが結果するのである。 戸坂潤『技術の哲学』より引用
  • 変化するのは事件や場面だけであって、中身は常に同一の公式である。 豊島与志雄『現代小説展望』より引用
  • 公式の要請かどうか、その時点ではまったく問題にもならなかった。 木村裕主『ムッソリーニの処刑』より引用
  • たしかに公式論だけでは処理しえないところまで来ているのだ。 中野好夫/安野光雅編『悪人礼賛 ―中野好夫エッセイ集』より引用
  • 事件発生から十五時間を経た午後八時十五分、陸軍はようやく公式発表をした。 勝田龍夫『重臣たちの昭和史 上』より引用
  • いわゆる論理家は公式主義者であり、独断家の一つの種類に過ぎない。 三木清『人生論ノート』より引用
  • この事情は文化接触に於ける一種の公式として、極めて自然なことだろう。 戸坂潤『世界の一環としての日本』より引用
  • 小林は、公式な記録や報告書に表れない裏の情報を知ろうとしていたのだ。 佐竹一彦『新任警部補』より引用
  • いずれ一連の事件がおおやけになれば、帝国の公式記録はそう書きとめるだろう。 田中芳樹『銀河英雄伝説外伝 汚名』より引用
  • 公式の軍日報によれば、奴はグラナダにいるという話だが、信じられん。 富野由悠季『Zガンダム 星を継ぐ者』より引用
  • もう二度と公式戦のマウンドに立てなくなるとは、思いもしなかった。 山際淳司『エンドレス・サマー』より引用
  • 次へ »