公式大会

166 の用例 (0.01 秒)
  • 逆に各国の公式大会では定められた言語しか使用することができない。
  • 長期戦向けであるが、制限時間のある公式大会では少数派の戦術である。
  • 特に体育館は練習試合などによく使用されており、公式大会等も行われる。
  • 公式大会のうち、フリーテニス全国大会が最大規模で行われる大会である。
  • このダブルバトル導入後はこれが公式大会の標準ルールとなっている。
  • 日本の公式大会のみ複数の言語版を混ぜて使用することができる。
  • それ以後は社会人野球の公式大会は行われていない。
  • 現在ではこのコンボが横行した事もあり公式大会では制限時間が設けられている。
  • なお本作は、各地で行われたBBIIの公式大会でも使用された。
  • また、本大会は第二次世界大戦前最後の公式大会であった。
  • これはあくまでも基本ルールで、日本での公式大会ではこのルールで行っている。
  • 店舗対抗・グループ対抗の公式大会も開催された。
  • 公式大会では501点を持ち点とすることから一般的には501ゲームと言われる。
  • それにより、公式大会では『ぷよぷよ通』が使用され続ける事態となった。
  • 公式大会開催の為に、審判部門の強化はJFAとしても重要課題であった。
  • これら公式大会の大会運営には日本の統括団体であるJHFが当たっている。
  • 南米サッカー連盟の公式大会での優勝経験があるパラグアイ唯一のクラブである。
  • ただしコラボレーションカードなので、公式大会では使用できない。
  • 通信対戦では反則とされた為、公式大会で使用禁止となった。
  • この大会はマラドーナがアルゼンチン代表として初めて出場した公式大会である。
  • 次へ »