公平無私

全て 名詞
72 の例文 (0.00 秒)
  • 我々は公平無私に世界のさし示すいかなる暗示をも考慮する心構えはできている。 ...
  • そうしてこの心がけがやがて人生全体に対して公平無私であろうとする先生の努力となって現われた。 ...
  • 冷やかな眼ですべてを描いたいわゆる公平無私にいくばくの価値があるかは私の久しい前からの疑問である。 ...
  • 公平無私とかありのまゝにとかを常に主張する自分だのに、歌に現われた所は全くアイヌの宣伝と弁明とに他ならない。 ...
  • 冷然と構えて公平無私にこの場を主宰しているところ、まさに戦争の女神という格好だ。 ...
  • 勿論歴史家の研究は公平無私であらねばならぬ。 ...
  • そしてもし諸君がその研究をするのに、科学上の研究をする時にやったのと同じ公平無私で進んだなら、諸君は必ず社会主義を採用するだろう。 ...
  • たとえばですね、あなたは私の考えに同調されて、公平無私の精神からそのことを私へ打ち明けようとなさって私を引きとめられたのですよ。 ...
  • それは、公平無私に市場全体の需給の乖離に応じて価格を調節している市場せり人のことである。 ...
  • 俺が公平無私こうへいむしだとか思わん方がいいぞ〜。
  • しかしいままで衷心ちゅうしんから、公平無私にわしのためにここで働いてくれ、どこかほかへ行こうなどとは考えず、またわしの秘密を他人にもらすことのない人間をひとりとして発見できなかったのだ。
  • 従って、個人の利益を優先したり、個人の主観で判断することは避けなければならず、このため公平無私という概念も存在する。 ...
  • 手紙をおいてじぶんでは公平無私と思う態度でいちいちの事情をしんしゃくし、おのおのの話のどちらがたしからしいかと慎重に考えてみたのでしたが、なかなかうまくまいりませんでした。 ...
  • 献身の真の名は、公平無私ということである。 ...
  • おそらく人間はいつも幼年時代という魔術に支配されているのであって、この幼年時代は、人間にとって、決して公平無私とは言えない記憶によって不満なき至福の時代として映し出されている。 ...
  • 公平無私の批評だと思っているのかい? ...
  • そうして「国家」をしてかくのごときものたらしめるものはただ一つこれを代表する「役人」あるのみであることを考えると、役人もまた決して形式的な「公平無私」の化身になっていさえすればいいというような簡単なものではない。 ...
  • 次へ