公家社会

183 の用例 (0.01 秒)
  • 明治時代以前の公家社会においても宮中座次と呼ばれるものがあった。
  • そうでなければ、狭い公家社会で大過なく過ごすことは難しいのである。 安部龍太郎『戦国秘譚 神々に告ぐ(上)』より引用
  • 公家社会においては武士のように名を上げるために家紋を使用する必要はなかった。
  • 公家社会における儀式・行事の場所として中世・近世を通じて重要視された。
  • この時代の公家社会も今日の政治家社会や官僚社会と同じだ。 海音寺潮五郎『史談と史論(下)』より引用
  • 家礼とは、公家社会において公家同士の間で結ばれた一種の主従関係のこと。
  • その後戦国時代の公家社会の崩壊により全く実態は不明となった。
  • 移動可能な文庫としての機能を有しており、中世日本の公家社会において広く用いられていた。
  • 公家社会は身分が厳しく、家格のみで官位の昇進まで固定されていた。
  • 当時の公家社会では高い身分の娘と正式な婚儀が行われない限り、正式な妻である正室が置かれることはなかった。
  • 院政期から鎌倉時代前期にかけて公家社会の女性のあいだで小袖がたいへん流行した。
  • 公家くげ社会のよどんだ空気に息が詰まりそうだっただけに、小屋から放たれた鳥のような解放感があった。 安部龍太郎『戦国秘譚 神々に告ぐ(上)』より引用
  • それまで武家社会や公家社会だけのものであったいけばなを、広く庶民にまで流行させた。
  • 鎌倉時代には、公家社会一般で分家を次々に創出させる傾向が見られたことにも留意する必要がある。
  • 在数は現職の大学頭・大内記であったことから公家社会もこの異常な事件の対応に苦慮することになる。
  • 公家社会と細川家を結ぶ能や茶の湯の数寄者として、京都で余生を過ごした。
  • 室町時代に入っても公家社会は陰陽師による祈祷や占いの効用を深く信じていた。
  • 殿上人・雲客と呼び、昇殿を許されない地下との間に明確な区別があり、公家社会における身分基準の基本とされた。
  • 更に公家社会の経済的な困窮から宮家や摂関家ですら牛車を用いることができなくなっていった。
  • 特にこれに該当する公家は勅勘などの公家社会では放逐に相当する処分を受けることもあった。
  • 次へ »

公家社会 の使われ方