公家法

59 の用例 (0.00 秒)
  • 反対に幕府の支配下では公家法・本所法は適用されないものとして拒絶している。
  • 南北朝時代に入ると、公家法でも武家法と同じように悔返を広く認める方向に転換していった。
  • 中世においては公家法・荘園領主の制定した本所法とともに法体系を形成した。
  • 中世は慣習法が優位の時代で、本所法・武家法・公家法の三体系から成立する。
  • ゆえに中世における公家法は慣習法的要素が強いということを指摘することができる。
  • 悔返は公家法では認められていなかったが、武家法においては時間的に後から作成された譲状を有効としてこれを認めた。
  • これは公家法の中心地である京都に中枢部を置いた室町幕府の建武式目では更にその傾向が強まることになる。
  • これを公家法の時代として区分することができる。
  • これは今までの公家法からの武家社会の離脱であり、法制上も公武が分離したことを示す。
  • また編纂に加わったのは六波羅探題を務めた泰時・時房や公家法に通じた中級貴族やその子孫である御家人であった点も指摘している。
  • 公家法の時代には、法のあらゆる分野で、慣習法の体系が重要な法的意義をもつようになった。
  • そうしたなかから平安時代中期以降、公家社会の法としてのいわゆる公家法が生まれてくる。
  • 勿論、武家法や公家法による裁判による解決方法もあったが、判決を執行させるのは最終的には判決と言う法的裏付けによって保証された実力行使であった。
  • こうした安堵の考えは室町幕府に継承され、また公家法や荘園法、地方武士の主従関係間にも導入されるようになっていった。
  • また、武家政権と朝廷との関わりから公家法の影響も受けた。
  • 鎌倉期には本所法・武家法・公家法は並立していたが、室町時代には武家法が優位の時代となった。
  • その一方で、いわゆる公家法が形成されるようになると、明法家の法解釈や明法勘文が法源とされ、明法博士などの明法家が院評定や院文殿での訴訟の審理に参加するようになる。
  • 裁判に際して適用された本所法は、律令の系統を引く公家法や現地の慣習法などから成り立っていた。
  • こうした支配階層の律令知識への関心の高まりが、明法家の活動とともに、鎌倉時代以後の公家法の形成や院評定の成立に影響を与えたと考えられている。
  • 中世前期までは、民衆を規制する法令は、律令・公家法・本所法・武家法など支配者により定められたものしか存在していなかった。
  • 次へ »