公家様文書

8 の用例 (0.00 秒)
  • 一般的にそれら簡略化された文書は公家様文書と呼ばれている。
  • こうした公式様に則していない文書を公家様文書と呼ぶ。
  • 鎌倉幕府成立当初は、公家様文書である下文・御教書が採用され、続いて中間形態である下知状が成立した。
  • 彼らは公家様文書を下敷きに様々な文書を編み出し、それらは武家様文書と呼ばれている。
  • 公家様文書は中世以後も公家政権・社会で用いられたほか、下文・御教書は武家政権・社会でも用いられて武家様文書の元となった。
  • 公家様文書は、日本の古文書研究における区分の1つで公家において用いられた文書様式を指す。
  • 公家様文書には大きく分けて2つの系統があり、天皇や上卿の口頭での命令である「宣」由来のものと私的な文書である「書状」由来のものに分けられる。
  • ただし、実際に公家様文書の分野において直札が公文書として用いられたのは検非違使の別当宣や東寺長者の御教書など少数であった。